ホーム » 目的別教材 » 英語全般 » TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法のレビュー

TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法のレビュー


こんにちは。ブログ「英語ッシュ」運営者のひろしです。

 

2006年に発売されて、いまだに売れている「TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法」のレビューを書きます。

 

教材著者・網野智世子さんとは?

■網野智世子さん 略歴

30歳から英語を始め、半年もかからずマスター。

その後4年間で8ヶ国語をマスターし、現在は英語を含む10ヶ国語を駆使して翻訳業を行なっている。

 

教材の概要

本教材は配送版とダウンロード版があります。私が購入したのはダウンロード版です。

 

テキストはそれなりのボリュームがある

テキストはPDFファイル、170ページ。

下のようにビッシリと書かれています。

またテキスト文章は、第4章の一部を除くすべての文章に英訳文がついています。これについては後述します。

 

raku2_01

 

音声ファイル

ダウンロード版は、MP3形式ファイルで音源が提供されます。

配送版でのCD7枚に対応して、音声ファイルが7つのフォルダ(CD1からCD7)に整理されています。

各フォルダの内容は以下のとおりです。

 

  • CD1(12トラック・67分) はじめに/第1章(テキストp.1~p.30)
  • CD2(8トラック・63分) 第2章(テキストp.31~p.56)
  • CD3(11トラック・54分) 第3章前半(テキストp.57~p.79)
  • CD4(10トラック・44分) 第3章後半(テキストp.80~p.97)
  • CD5(9トラック・74分) 第4章(テキストp.98~p.125)
  • CD6(8トラック・67分) 第4章続き(テキストp.125からp.149)
  • CD7(5トラック・64分) 第4章続き/おわりに(テキストp.149~p.170)

 

何の音声かというと、テキストをそのまま読み上げている音声です。

日本語文と英語文があり、英語音声部分は米・英・カナダ・豪州発音のナレーターにより吹き込まれています(2006 年5 月から実施されている新形式のTOEICのリスニングセクションを意識している)。

 

特典の内容:メール相談サポートあり

特典1:網野智世子さんの「30日間メール相談」

回数に制限はなし。
いままで英語でどんなことを悩んできたのか、どんなことでつまづき、これからどうしたいのか、その目標や目的を伝えれば網野さんが回答してくれるとのことです。

 

特典2:教材購入者との質問やりとり集

PDFファイル、49ページ。

13名の教材購入者からの質問とその回答をまとめたファイルです。

 

raku2_02

 

返金保証つき

■返金保証

返品保証は以下の規約に基づき適用されます。
1:90日間実践すること
2:365日以内にて保証手続きをすること

 

教材の概要は以上です。

ここから、学習内容を見て行きます。

 

学習内容の詳細

テキストの章ごとに、おおまかな内容を紹介します。

 

はじめに

教材のテキスト・音声についての簡単な説明が書かれています。

 

第一章

教材著者・網野さんが、英語や他の言語を身につける過程で気づいた、「語学習得の秘訣のようなもの」について書かれています。具体的には下記のような内容です。

 

・ある言語が「できる」ようになるためにはまずその言語の中での○○を使いこなす力をつけることが非常に重要。特に、英語はこの考え方が最もあてはまる言語のひとつである。

・網野さんは、英語以外に10 前後の言語を身につける過程で、「ことばの中での○○の大切さ」の根底にあるものを見出した。

・多言語を学びたいと切望しながらも多忙で語学学校に通うことができない中で、網野さんが多言語を習得するために行ったある方法。この方法でスペイン語・ポルトガル語ほか、フランス語・ロシア語を習得した。

・どの言語で表現する場合でも、「○○」と「△△」について表現することが非常に多い(多言語を学ぶ中で、辞書を引く頻度の高い項目が一致していることへの気づきから)。

・他方で、日本人≒日本語ネイティブの英語学習者の多くは、「○○」に弱く、使いこなせていない。日本人が自然な英語を身につけるには、優先的に「○○」の運用力アップを意識しなければならない。大切なのは、読んで意味がわかるだけでなく、自分が話すときにも自由に使いこなせる「運用」レベルまで磨き上げること。

 

第二章

第二章は本教材の中でもっとも核心的な内容が書かれている部分で、内容は次のようなものです。

 

・日本人が、ある種類の日本文を英文に直そうとしたとき、英語らしくならない、または間違った英語になりがち。

・それは、日本文の構造、特性に起因する。

・英語らしい英文を作るためには、日本語の文法と英語の文法の違いを理解し、英語的な文型と語句を意識して使う必要がある。

 

第三章

第三章は、英語力アップに役立つ20の単語の使い方を詳細に学びます。具体的には以下のような特徴を持った単語です。

 

・読んで意味を理解するのはそれほど難しくないが、自由に使いこなせる日本人は少ない

・意味、使い方を間違って覚えている人が多い

・ピッタリと対応する語が日本語にはない

・使いこなせるようになれば英語表現力が飛躍的にアップする

 

このような特徴を持つ単語20個とそれらを使った例文が紹介されています。

 

第四章

第四章は、上級英語力を養成する学習方法の紹介です。

 

ある種の英文書を題材として、語彙力、読解力、会話力、ライティング力を向上させる学習方法について、5つの手本を用いて解説されています。(学習方法と手本のみで、学習者用のトレーニング課題は用意されていません。)

 

ラクラク英語マスター法の評価

当ブログ独自基準により教材を評価していきます。

 

教材コンセプトは明確か、そのコンセプトに沿ったメソッドになっているか

評価:△

教材のターゲット学習者が不明確。公式サイトのQ&Aコーナーでは、「ラクラク英語マスター法は、年齢制限は設けておりませんが主に、中~上級レベル(高校レベルの英語力)の方を対象に制作されております。」と書かれています。 また同じ公式サイトで、「いざ覚えたつもりでも実際会話しようとすると言葉が出てこない・・・ということはよくある話です。でももう心配はいりません。この会話練習をすることで英会話がしっかり身につきます。」と書かれています。

総合すると「英会話がしっかり身についていない中〜上級者」が対象ということらしいですが…どうにも分かりにくいです。

 

教材の内容的には、翻訳・通訳者など英語のプロを目指す人向けです。それなら公式サイトには、初心者向け英会話教材のような宣伝文句を書かなければ良いのにと思います。

 

アウトプット量(話す、書くなど)は十分か

評価:△

本教材の実践内容自体は大量のアウトプットを求めるものですが、ちょっと問題があります。アウトプットしたものを他の誰かにチェックしてもらわないと最大限の効果が上がらないのですが、そのチェック者を見つける方法が詳しく書かれていないのです。これでは教材として不十分だと言わざるを得ません。

 

教材は使いやすいか、クォリティは十分か

評価:×

まずテキストですが、テキスト文章の一文ずつに英訳が挿入されているので非常に読みにくいです。このような構成になっている意図については

このテキストを読み、また付属のバイリンガル CD を聞くことであたかも語学学 校の上級クラスでバイリンガルの授業を受けるような充実した学習ができます。

と、書かれているのですが、単に読みにくいだけです。

そしてテキストの文章そのものについても、回りくどく、読み進めるのが大変です。さっさと結論を言ってくださいよと突っ込みたくなります。その上テキスト本文のあちこちに「m(__)m」「^^」のような絵文字や「(汗)」「(笑)」「わたし的な」のようなインフォーマルな表記が見られます。友人とのメールやり取りじゃなく、有料の教材なのだから真剣さの感じられる文章にしてほしかったです。

 

学習を最後まで続けられるか、サポートはあるか

評価:△

30日間のメールサポートはあります。しかし教材の内容が高度で、30日程度のスパンで実践するような内容ではないです。ので申し訳程度にサポートをつけてはいるが、使おうと思ったときにはサポート期限が切れている・・・というパターンが想像されます。

 

価格は妥当か

評価:△

この種の英語教材としては高すぎることはないのですが、本教材は「ざっくりだけど学習方法を教えるから、具体的な学習題材は自分で用意してね」という内容なので、納得感が低いです。

 

教材開発者、販売者は信頼できるか?

評価:△

教材開発者の網野さん自身は語学堪能な方であろうとは思うのですが、この教材の内容からは、英語を学びたい人のことを真剣に考えているのか、疑問に思わざるを得ません。

 

良い点・残念な点

■残念な点

・日英両方で書かれたテキストは読みづらくて仕方ない。

・教材名にTOEICという言葉が入っているが、教材内容とマッチしていない。本教材はTOEICスコアを上げるには非常に遠回りで効率の悪い学習。TOEICはTOEICの問題に基づいた学習をすべき。

・またラクラク英語マスター法という言葉も何を指して、また何を基準に、ラクラクと言っているか不明。上級者にとってもラクラクな実践内容ではない。

 

■良い点

・第2章の内容は日本人が英語を習得する際に直面する困難さについての深い考察が論じられており、参考になる。英語らしい表現とはどういうものか、それを日本人が身につけるには何を意識すべきかが文法的な考察をもとに書かれている。確かにこのことに気づく人は表現力が豊かになるだろうなと思える内容。

 

総評

「TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法」の総合評価・・・評価D(おすすめできない教材)

 

ということで、全然ラクじゃない「ラクラク英語マスター法」でした。

 

英検1級を狙うとか、英語のプロを目指す人向けのハイレベルな内容ですが、それらを目指すなら英検や通訳試験など個別の目的に合わせた教材や講座を探したほうが良いと思います。

 

有料教材なのだから、学習者が教材に書かれた学習方法を実践できるように、必要な手段が教材内で案内されていてしかるべきだと思うのですが、「自分で探してね」という感じで、不親切と言わざるをえません。

 

本教材は残念ながらおすすめできません。教材名に魅力を感じていた人は、他の教材を検討してください。

 

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ英語教材
初級者用おすすめ英語教材
中・上級者用おすすめ英語教材
管理人プロフィール

管理人:
ひろし(TOEIC970点)

TOEIC970

⇒プロフィール詳細

おすすめ教材ランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
教材に関する相談を受け付けます。

「ブログで紹介されている英語教材に興味があるが、購入するかどうか迷っている」「教材の中身についてもう少し教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら