ホーム » 目的別教材 » 英会話(リスニング) » リスニングパワーのレビュー

リスニングパワーのレビュー


有名リスニング教材「リスニングパワー」を実際に購入し、使ってみました。
この記事では、そのレビューを書いています。

 

「リスニングパワー」公式サイトから注文すると、2~3日で送られてきます。
私のときはクロネコヤマト便でした。スリムなダンボールです。

箱に「リスニングパワー」とデカデカと書かれているわけではなく、運送伝票には、発送元が「株式会社チカラインターナショナル」、品名が「CD・冊子」とだけ書かれています。

risuningupawa-_box

 

 

箱を開けてみると、CDと冊子が入っています。

risuningupawa-_box_open

 

「リスニングパワー」本編のCDが2枚入ったケースと、とても薄いテキスト冊子。これが教材本体となります。

risuningupawa-_hontai

 

そして、特典の「ボキャパワー」CDと、やはり薄いテキスト冊子。

bokyapawa-

 

そして、「リスニングパワーを活用し英語上達するための秘訣」(A4の紙2枚)と、リスニングパワーのCDの取り扱い方の注意書き1枚が入っています。

さらにおまけで「英語ビギナーが英会話スクールに行かないでも3ヶ月後に英語上達を実感する勉強法」という別の教材(別売)の広告が入っています。

 

 

リスニングパワーCD1の内容。とにかく音、音、音にこだわる

さてCD1は、大半が英語の“音”つまり母音、子音そのものに焦点を絞った内容になっています。

 

CD1ではこんな練習をします。
・日本人のカタカナ的発音と、ネイティブ発音とを比較して聴くレッスン。
・全方位からマシンガンのように飛んでくる母音を聴くレッスン。エコーやサラウンドのようなエフェクト付きもあります。
・日本人の苦手な「r」と「l」、「s」と「th」などを比較して聴くトレーニング

 

これらは「母音」「子音」そのものの単位か、1~2音節程度の単語でのトレーニングです。
主語述語のある、文単位のトレーニングは少ないです。

極限まで、“音”そのものに焦点を絞っており、「アクセント」や「イントネーション」もそっちのけで“音”に集中です。

ストーリーが流れるトラックもあるのですが、そこでも目的は、背景で流れている母音を聴き取ることです。

日本人的な(カタカナ英語的な)発音を聴いた後で、ネイティブ英語の発音を聴くというレッスンが多く含まれています。先に日本人的発音を聴いてからネイティブ発音を聴くことで、正しいネイティブ発音がアイウエオと異なることをはっきりと意識し、正しい英語の発音を意識するように意図されています。

 

またほとんどのレッスンで、この教材の最大の特色である、「日本人が英語を聞き取れるようになる周波数」の効果音が入っています。

どんな音かというと「キューーーーーン」
「ピーーーーーーー」
「ズーーーーーーン」
「ヒューーーーーン」
「ピーーーーーーー」
「キューーーーーン」
「リリリリリリリリ」
「ポワーーーーーン」
という感じで、サブリミナルとかではなく、はっきり聞こえる効果音です。

シンセサイザー・サウンドというか、昔のアニメや映画で使われている効果音と似ています。
たとえば上の「キューーーーーン」は、スター・ウォーズのR2-D2の声をずっと伸ばしたみたいな感じです。

 

 

非常にユニークなレッスンとして、効果音を聴くだけのレッスンや、
さらには、「日本語のアナウンス放送をバックに効果音を聴く」というレッスンもあります。
「日本人が英語を聞き取れるようになる周波数」の効果音を聴くことで、聞き取れる周波数の音域を上げていき、英語のリスニング力を高めていきます。

 

 

この「リスニングパワー」CD1では、一般的な教材と異なり、発音練習→単語練習→文章練習→会話練習のような段階を踏んだ構成になっておらず、乱雑な印象を受けます。根底にあるのはただひとつ、英語の“音”を聴き取ることです。乱雑に見える構成も、学習者に「飽きさせない」効果ぐらいはあると言えるかも知れません。

またリスニングパワーはその名のとおりリスニング教材であり、スピーキング練習の要素はまったくありません。

 

教材の使い方としては、聞き流すしかありません。「ヘッドフォン使用が前提」と教材に記載されています。

 

 

リスニングパワーCD2の内容。会話文、ストーリーが増えつつも、“音”の聴き取りが焦点。スピードも強化

CD2では、CD1と同じく母音・子音単位で繰り返し聴き取るトレーニングや、日本人にとって苦手な音を聴き取る練習が含まれます。例のSFアニメ的効果音ももちろん随所に流れているし、エコーをつけたり、全方位からランダムに聞こえてきたりといった工夫がされているのはCD1と同様です。

また、CD2では会話文・ストーリーが増え、ネイティブ会話スピードへの対応力強化も意識された構成になっています。会話の内容は、食事に行く、遊びに行くなどを想定した、親しい者同士の日常会話という感じで、上司と部下の会話や商談のようなビジネス的要素は少ないです。

 

CD2ではこんな練習をします。

 

・日本語にない英語の母音を繰り返し聴く

 

・日本語になく、日本人が特に苦手とする音を含む単語を聴く。
「f」、「v」、「th」(バイブレーションサウンドと言います)や、appleの「ア」の音など。

 

・日本人が区別するのが苦手な音を聴く。
「L」と「R」、「S」と「TH」、「walk」と「work」、「appleのア」と「underのア」など。単語での練習と、センテンスの中での練習。

 

・会話文を聴く。ネイティブ速度で聴き取る練習。

 

・会話文を聴く。イディオムを多く含む会話文の練習。

 

・ネイティブの会話によく出てくる短い受け答えを聴く。
「Send me an e mail.(Eメールを送って。)」「What's your address? (アドレスは何ですか?)」のような定型的なもの。

 

・TOEICボキャブラリー。TOEICで出現頻度の高い単語22個と、例文が収録されています。

 

CD2の最終トラック24は、特典の「ナチュラルスピード」が収録されています。

 

 

 

リスニングパワーのイマイチな点

■教材テキストが不親切
「リスニングパワー」のテキストはとても不親切で残念な感じです。作りかけのまま、売りに出したのかと思うレベルです。

各レッスンの内容(何を聴き取るレッスンなのか)、狙い(何を目指して学習するのか)、効果(どんなことができるようになるのか)などがほとんど書かれていないのです。

また、トラックに収録されている会話で、テキストに記載されていないものもあります。自分が正しく聞き取れているかどうかチェックしたくてもチェックできず、スッキリしない感じです。

 

ただし各レッスンの内容や狙い、効果に関しては、リスニングパワー公式サイトに詳しく書かれていました。

この公式サイトの長い長いリスニングパワー体験談の後に、各レッスンの内容が詳細に解説されており、狙いや効果、リスニングパワー独自の工夫について、教材テキストよりはるかに丁寧な解説が記載されています。

 

公式サイトの解説とテキストとを合わせれば、レッスンについては大体理解できるようですが、金取って売ってる商品としてはどうなんでしょう…

 

■音量レベルが変動する

音量が大きくなったり小さくなったりする箇所がところどころあります。リスニングする以外に使い道のない教材なので、音源クオリティには配慮してもらいたかったと思います。

 

■効果音がほんとうにリスニング力アップにつながるかどうか分からない

学習者のリスニング力レベルによるとは思いますが、少なくとも私の場合、効果音といっても別に今までまったく聞いたことのない音という程のものではなかったし、効果音でリスニング力アップとまでは行かなくとも何か刺激が感じられたかというと、正直なところまったく感じられませんでした。

 

■初心者向け教材なのにネイティブレベル音声を聴くトレーニングが含まれている

この教材でリスニング力がアップしたといっても、ネイティブレベルの会話を聴き取れるようになるとはとうてい思えません。初心者向け教材であれば、「超初心者」から「少し進歩した初心者」になれたかどうか確認ができるところように教材を構成して欲しかったと思います。

 

 

リスニングパワーの優れている点

あまりありませんが…あえていうなら、リスニングパワーの優れている点は、日本人の特性に基づき、日本人が英語の音を習得するために不可欠なものに、真っ向から取り組んだ教材であることかと思います。

 

■日本語的な英語とネイティブ英語とを交互に聞くトレーニングがいくつも含まれている
これはスコットペリー氏が25年以上日本人に英語を教えてきた経験がもとになっており、日本語と英語の発音をはっきりと区別し、正しい英語の音を身体に染み込ませるのに有効な方法とのことです。

 

とはいえ、下手くそな英語発音を聞いたからといって発音が矯正されるわけではないので、教材メインコンテンツと呼ぶには淋しいです。

 

■日本人が苦手な音を重点的に学べる
「L」と「R」、「S」と「TH」など、たいていの日本人が苦手な音についての練習はもちろんあります。さらに、appleの「ア」とunderの「ア」や、eatの「イ」とitの「イ」など、本来日本語にはない音が、日本語のアイウエオを当てはめてしまいがちな音についても、英語の正しい発音を学ぶレッスンが収録されています。

 

しかし、本屋で売っている書籍教材でもそのくらいのものはあるので、それほど優位性があると思いません。

 

 

リスニングパワーは、こんな方にはオススメしません

 

■ほとんどすべての人。
リスニングパワーは英語の超初心者向け教材といえます。スポーツで言えば技術、戦術以前に、どんなスポーツかすら知らない人、ぐらいのレベルです。

 

 

リスニングパワーは、こんな方ならメリットがあるかも知れません

 

■日本人で、英語初心者の人
あるいはこれまで読む・書く勉強はやってきたが、聴き取りや発音練習などをほとんどしてこなかった人。母音って何? 子音って何? 二重母音って何?という人が、日本人的なカタカナ読みと英語の発音とは違うということをはじめて認識できるかも知れません。

 

 

リスニングパワーの購入者サポート体制は十分か?

リスニングパワーでは、特典としてスコットペリー氏が直接質問に答えてくれるサポートがありますが、「購入後30日以内にであれば、スコットペリー氏に直接質問ができる。ただし英語で、メールで質問すること。質問の内容もリスニングパワーに関する内容に限る」というもので、初心者にとっては利用しやすいとは言いづらいです。

 

 

まとめ。魔法の教材でないどころか、一般書籍教材以下。

リスニングパワーの総合評価・・・評価D(おすすめできない教材) 

 

「リスニングパワー」は、英語の正しい発音を聴き取る力を取り戻し、定着させることを意図して作られた教材です。

すなわちニュースや映画の会話を聞き取るようなレベル以前の英語の”発音”そのものを学ぶことに特化しています。
「リスニングパワー」開発者のスコットペリー氏は、25年間、2000人以上の日本人に英語を教えてきた実績がある人で、日本人が英会話を苦手とする理由を十分に研究しています。

 

「リスニングパワー」では、「日本人的英語とネイティブ英語を交互に聴かせる手法」を使って、英語らしい英語の発音を意識するようなトレーニングがあります。すなわち、英語をしゃべっているつもりで実際は日本語の五十音をしゃべっている日本人に、日本人英語とネイティブ英語の違いをはっきり聞かせたうえで、ネイティブ的英語発音を耳に定着させます。

 

これは正しい発音を学ぶのに極めて効果的な方法であることが分かっており、スコットペリー氏がプライベートレッスンをする際にも使う方法だそうです。

 

この「悪い発音と対比することで、良い発音をより明確に意識できるようになる」というメソッドは悪くないと思います。

 

しかしこの教材に興味を持つ人は、おそらく「特殊効果音」のほうに期待をしている人が多いのではないでしょうか。

 

聞くだけでリスニング力が上がり、映画もニュースも聞き取れるようになる「魔法のサウンド」があるなら誰でも欲しがるでしょう。

 

ですが前述したとおり「特殊効果音」にリスニング力アップ効果を期待できるかどうか、私は結局のところ分かりませんでした。また公式サイトや付属テキストを見ても、特殊効果音の科学的根拠が見出せません。

 

日本語と英語では周波数領域がまったく異なるというのは他の教材でも言われている事実なのですが、特殊効果音を聴けばそれを克服できるという簡単な話ではなさそうです。

 

ということで、私はこの「リスニングパワー」はオススメしません。まったくオススメできません。

 

受身で聞き流しているだけでリスニング力が上がるような魔法の教材や学習方法はないというのが最近の通説ですし、私もそう思います。

聞く練習だけでリスニング力を向上させることは難しいのです。

 

自分にあったスピードの(しっかり聴き取れる)教材で、音読やリピーティングを伴った練習でリスニング力を上げていくほうが近道だと思います。

 

初心者であれば、「スピークナチュラル」がいいでしょう。非常にコンセプトのしっかりした教材です。発音のトレーニングも含まれており、スピーキング、リスニング両方に効果が期待できます。初心者にはこちらをオススメします。

 

 

おすすめ英会話教材 総合ランキングへ

 

英語教材レビュー&比較 一覧へ戻る

 

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ英語教材
初級者用おすすめ英語教材
中・上級者用おすすめ英語教材
管理人プロフィール

管理人:
ひろし(TOEIC970点)

TOEIC970

⇒プロフィール詳細

おすすめ教材ランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
教材に関する相談を受け付けます。

「ブログで紹介されている英語教材に興味があるが、購入するかどうか迷っている」「教材の中身についてもう少し教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら