ホーム » 目的別教材 » 英会話(スピーキング) » ネイティブトーク(横田力さん)のレビュー

ネイティブトーク(横田力さん)のレビュー


この記事では、横田力(ヨコタ チカラ)さんの英会話教材「ネイティブトーク」のレビューを書いています。

 

 

n-talk-shohin01

 

 

私が実際に教材を購入して使ってみた感想です。

購入を検討している方は参考に読んでみてください。

教材開発者・横田チカラさんとは?

株式会社チカラインターナショナル代表取締役

All About英語専門家

2000年 東海大学工学部卒業後オーストラリアに留学。1ヶ月半で日常英会話をマスター。

2001年 アメリカに留学。カリフォルニア大学サンタバーバラ校およびサンタバーバラ市立大学で学ぶ。

2003年 帰国。英会話講師となる。

2005年 カナダに渡り、英会話講師職につく。

2007年 帰国。ネイティブがよく使うフレーズをまとめた英語教材を開発し起業。

チカラインターナショナル設立。

「リスニングパワー」他英会話教材の販売を開始。

2010年 All Aboutプロファイル 英語専門家になる。

 

ネイティブトーク 教材の概要

教材はすべてダウンロード版です。

注文後、メールで送られてくるURLにアクセスして自分でダウンロードします。

 

(1)「リスニングブースト」

pdf形式ファイル A4判・25ページ、音声mp3ファイル 40分

テキストpdfは下のような感じです。前半は英語独特の音について発音記号と単語を交えて学習します。

 

img_l-boost01

 

後半は、英語の発音をするときの唇の形の写真と舌の位置の図解が掲載されています。

 

img_l-boost02

 

(2)「中級レベル到達勉強法マニュアル」&「バイリンガル到達勉強法マニュアル」

pdf形式ファイル A4判・20ページ
pdfファイルは下のような体裁です。
学習ノウハウが書かれた文書のため、練習用の英文などは出て来ません。
img_manual01

 

(3)「中級レベル到達フレーズ集」&「バイリンガル・レベル到達フレーズ集」

pdf形式ファイル A4判・973ページ
pdfファイルは下のような体裁です。なんと973ページもある大ボリューム文書です。
普通紙に印刷したら、両面印刷でも電話帳ぐらいになる計算です(最近あまり電話帳使わないので分かりにくい例えかもしれませんが)。

 

img_phrase01

(4)高音質・2段階スピード「中級レベル到達音声ファイル」&「バイリンガル到達音声ファイル」

mp3形式ファイル 収録時間7時間30分
収録時間7時間30分=450分。これを1ヶ月半=45日で学習すると1日平均10分が毎日の学習量になります。

 

教材の詳細

■リスニングブースト

フォネティクス(発音学というか発音記号学)を学べる教材です。

テキストに書かれた発音記号を見ながら、その発音記号で表される母音、子音やそれらを含む単語を音声ファイルで聴く学習をします。

発音記号を覚えるとともに英語耳を作る教材です。

テキスト後半には、写真や図解で発音の仕方を学ぶパートが収録されています。

 

■勉強法マニュアル

リスニング、リーディングといったカテゴリごとに、中級レベルになれる学習のしかたをマニュアル化したもの。

・教材のフレーズ集を活用する方法

・単語を覚えるためには○○をつくると良い

・ライティング力をつけるには、早い時期から○○を使い始めるほうが良い

・ボキャブラリーの増やし方

・英文法を学ぶためのおすすめ教材

・一人でスピーキングの練習ができる方法

など。

 

■フレーズ集

1レッスンごとに、日常会話でよく使うフレーズがひとつ紹介され(フレーズでなく「文型」という形もある)、短いダイアログや解説が書かれています。

「○○(というフレーズ)はフォーマルなシチュエーションで使います」「パーティーなどのフォーマルでないシチュエーションで誰かに初めて会う時にも○○を使います。」などといった説明があり、用法を理解しやすいように書かれています。

レッスン1~364まであります。

 

■音声集

フレーズ集で出てくるセンテンス、ダイアログを収録したもの。

少しゆっくりめのスロースピードと、普通速度のナチュラルスピードの2通りが提供されています。

ナチュラルスピードといってもそれほど速くないです。

 

ネイティブトークのイマイチな点

・教材pdfファイルやmp3ファイルをダウンロードするのが大変。全部ダウンロードしたか確認するのも手間。まとめてzip圧縮とかにしてくれれば良いのにと思う。

・音声ファイルは、学習者が話す練習をするための空白時間が設けられていないので自分でプレーヤーを止めてリピーティングする必要がある。近年の他の英語教材とくらべると使いやすさの面で不利。

・教材本編は「中級レベル到達○○」、特典が「バイリンガルレベル到達○○」のはずだが、教材を見てもどこが中級とバイリンガルの境目なのかわからない。(勉強法マニュアル、フレーズ集、音声集すべて。)公式サイトの内容説明と教材実物がどう対応しているか分かりにくい。

 

ネイティブトークの良いと思う点

・発音とフォネティクスの重要性をはっきり打ち出し、まず「リスニングブースト」からやってくださいと明確に書かれている点は、学習の進め方がわかりやすくて良い。

・フレーズの音声はスロースピードとナチュラルスピードの2通りがあり、ゆっくり聴く→通常スピードで聴く、という順番がリスニング力をつけていくのに良いという考え方は「スピークナチュラル」と同様であり、私個人もこの考え方に賛成。

・フレーズ集はワンポイントアドバイスが付け加えられているので、丸暗記だけでなく適切な使い方を学ぶことができて良い。

 

ネイティブトークが向いていない人

・pdfファイルを見る機器、環境がない人。

・mp3プレーヤーをいちいち再生したり止めたりするのがキライな人。

・発音やリスニングに自信がある人。

 

ネイティブトークが向いている人

・発音、フォネティクスなどを勉強したことがない人。

・A4判のpdfファイルを快適に見ることのできる機器、環境のある人。

・使いやすいmp3プレーヤーを持っている人。

 

ネイティブトークの評価

■教材コンセプトは明確か、そのコンセプトに沿ったメソッドになっているか

評価:○

まず発音・フォネティクスからしっかり学ぶことが必要という考え方を明確に打ち出していることには好感が持てます。

発音記号を見ながら音を聴く「リスニングブースト」は優れた教材だと思います。

またネイティブがよく使うフレーズを重点的に学ぶことが最短の学習法だというのも理解できます。

しかしフレーズ集と音声集はかなりの大ボリュームで、これをどうやって消化吸収していくかというノウハウ/メソッド部分が勉強法マニュアルの中にないので、1日20分でOKですと言われても正直なところ戸惑ってしまう感じです。

 

■教材は使いやすいか、クォリティは十分か

評価:△

提供されているpdfファイルすべてに共通するのですが、A4判pdfファイルはスマホではかなり読むのがツライです。

大き目のモバイル端末かパソコンでないときびしいです。

英語教材という商品の性質上、通勤通学時に閲覧できる形態であってほしいです。

20ページくらいなら印刷してもいいと思えるのですがフレーズ集の973ページは印刷する気になれません。

せめて文字を大きくしてほしかったと思います。
また973ページもあるのに目次がない、レッスン番号がレッスンの最初のページにしか書かれていないなど、使いやすさへの配慮に難点があると感じました。

また「中級レベル到達勉強法マニュアル」には、○○をすると良い、○○をしましょうというのがたくさん書いてあり、確かにそうだろうとは思えるのですがすべて実践するのは難しいと思います。優先順位をつけるか、項目を絞ってほしかったです。

mp3音声は、レッスンごとに分かれているのは良いですが、自分でプレイリストを作らないと教材に沿った順番で再生されないので面倒です。1000個近いファイル数なのでプレイリストを作るのも億劫になってしまいます。

不満ばかり書いていますがフレーズ集・音声集の内容については、センテンス例やダイアログも載っているし豊富な解説もついていて会話フレーズを学ぶのに良い教材になっていると思うので、使いやすさにもう少し配慮をして欲しかったところです。

 

■学習を最後まで続けられるか、サポートはあるか

評価:△
「中級レベル到達フレーズ集」&「バイリンガル・レベル到達フレーズ集」は364レッスン、973ページの巨大ボリューム教材なのですが、公式ページでは1日20分、1ヶ月半で学習できるとうたわれています。

公式ページの文章によると、このネイティブが日常よく使うフレーズ集は
「以前に『レベッカ先生のエブリディ英会話』で1年かけて毎日配信していたものをリニューアルして作った」
と書かれています。

なぜ1年分のレッスンが1日20分、1ヶ月半でこなせるのか、そのノウハウが教材の「中級レベル到達マニュアル」に書かれていれば納得できるのですが書かれていないようなので、釈然としない感じが残ります。

教材の内容は良いと思う(使いやすさには難ありだが)ので、無理やり「1ヶ月半で!」などとするのではなく、しっかり期間を取って学習する教材にしてもよかったのではないだろうかと思います。(センセーショナルなキャッチコピーのほうが売れるとは思いますが。)

1ヶ月半でマスターできるかどうかは置いておくとしても、フレーズ集は話題ごとの区切りなどがなく364日分のレッスンが淡々と続く形式なので、メリハリに欠ける感があります。小さなゴールというかマイルストーンというか、進み具合の目安になるものがあればなお良いと思います。

また大ボリューム教材なのにサポートは1ヶ月半しかないというのも少し物足りない感じがあります。

 

■教材開発者、販売者について

評価:○

英文フレーズは横田チカラさんの奥さんのレベッカさん(ネイティブスピーカー)が作ったものなので英文クオリティは確保されていると考えています。

 

ネイティブトークの総評

ナイティブトークの総合評価・・・評価C(良い点もあるがおすすめしにくい教材)

 

ネイティブトークは、フレーズ集だけでもpdf973ページある大ボリューム教材であり、1日20分、1ヶ月半でマスターできるかというと実際は難しいのではないかという印象でした。

またどこまでが教材本編でどこからが特典かわからないなど、公式ページと実物とをじっくり見ても理解しづらい部分があります。

 

教材自体は、フォネティクスを学べる「リスニングブースト」や詳細解説つきのフレーズ集、2段階スピードの音声など、英語学習についてしっかり研究して作られた教材になっていると感じられます。1ヶ月半でOKかどうかは別として、日常英会話のネイティブフレーズを発音含めてみっちり学習したい人向けの内容です。

 

体裁や使いやすさに残念な点が残るためおすすめしづらい部分がありますが、内容部分のボリューム、クオリティは確かな教材なので、pdf文書とmp3音声をうまく活用して自分で工夫していける人なら教材の効果を引き出せるかもしれない教材です。

 

ネイティブトーク 公式サイトへ

 

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ英語教材
初級者用おすすめ英語教材
中・上級者用おすすめ英語教材
管理人プロフィール

管理人:
ひろし(TOEIC970点)

TOEIC970

⇒プロフィール詳細

おすすめ教材ランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
教材に関する相談を受け付けます。

「ブログで紹介されている英語教材に興味があるが、購入するかどうか迷っている」「教材の中身についてもう少し教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら