ホーム » 一般書籍教材 » 「表現のための実践ロイヤル英文法」のレビュー

「表現のための実践ロイヤル英文法」のレビュー


 

表現のための実践ロイヤル英文法の外観

 

今回紹介する英語教材は、「表現のための実践ロイヤル英文法」です。

 

 

一億人の英文法」「フォレスト」に続いての英文法書レビューとなります。

 

ではレビューしていきます。

 

教材著者の紹介

著者:綿貫 陽(わたぬき よう)さん

1928年生まれ。

進駐軍の米軍厚木基地に隣接している学校で英語を教える傍ら、文化交流や施設その他の折衝などの必要から通訳を命ぜられ、英語に入り浸る生活に。

英米語の持つ意外な面白さにひかれ、東京に戻って正式に文学部英文学科に再編入。

卒業後、高校で英語の教鞭をとりながら、文部省、東京都教育委員会の英語関係の各種委員や、東京と高等学校英語教育研究会の出版部長や常任理事などを歴任。

英語をさまざまな方面から研究しているうちに、次第に英文法、語法の研究に専念するようになった。

主な著書としては、「ロイヤル英文法・改訂新版」「教師のためのロイヤル英文法」その他多数。

 

著者:マーク・ピーターセンさん

明治大学生時経済学部教授。

アメリカのウィスコンシン州出身。コロラド大学で英米文学、ワシントン大学大学院で近代日本文学を専攻。1980年フルブライト留学生として来日、東京工業大学にて「正宗白鳥」を研究。

大学の授業には映画のシナリオを教材とする「英語」や、「英作文」、「映画の歴史」などがある。アメリカ文化の重要な要素を浮き彫りにする小説、演劇、エッセイ、映画、音楽、美術、建築、デザイン、ファッションなどを全般に研究する。

日本人の科学者や研究かが書いた英語の学術論文を添削する仕事も多い。

「日本人の英語」、「心にとどく英語」、「マーク・ピーターセン英語塾」、「ニホン語、話せますか」など著書多数。

(以上、本書巻末より抜粋)

 

教材の概要

基本情報を書いておきます。

 

「表現のための実践ロイヤル英文法」

著者:綿貫 陽、マーク・ピーターセン

出版社:旺文社

1,800円+税

2006年5月23日 初版発行

2012年 重版発行

 

対象者:

本書は、高校生程度以上の学生、教師および一般社会人の英語学習者を自分の考えや事実を、英語で正しく表現できるようにすることを目的とした学習書である。

(はしがきより)

 

表現のための実践ロイヤル英文法の内容物

 

◆テキスト(本体)

A5サイズ、708ページ。

 

◆テキスト(別冊「英作文のための暗記用例文」)

A5サイズ、38ページ。

 

◆CD

なし

 

学習内容の詳細

本書は、「表現のための」英文法書というコンセプトです。

本書は一見したところ、これまでの英文法の本と変わらないではないかと思われるかもしれないが、読み進むうちに、すべてが「標準英語」を話し、書くという「発信的」な目的に集約されていることに気づかれるはずである。

文法書というのは文法を「理解する」ためのものと思いがちですが、本書は「発信する」ことを意識して学習するわけですね。

 

さらに内容を見ていきます。

 

全体構成

本編部分は、24の章に分かれています。

 

  • 第1章 文
  • 第2章 動詞
  • 第3章 時制
  • 第4章 助動詞
  • 第5章 態
  • 第6章 不定詞
  • 第7章 分詞
  • 第8章 動名詞
  • 第9章 法
  • 第10章 疑問詞
  • 第11章 接続詞
  • 第12章 関係詞
  • 第13章 前置詞
  • 第14章 名詞
  • 第15章 冠詞
  • 第16章 代名詞
  • 第17章 形容詞
  • 第18章 副詞
  • 第19章 比較
  • 第20章 時制の一致・話法
  • 第21章 否定
  • 第22章 一致
  • 第23章 倒置・省略・強調・挿入
  • 第24章 文の転換
  • 付録Ⅰ 句読法
  • 付録Ⅱ 英文手紙・Eメールの書き方
  • 確認問題・実践問題の解答・解説
  • 文法事項索引
  • 英文語句索引
  • [別冊] 英作文のための暗記用例文300

 

第9章「法」というのがありますが、これは直説法(通常の文)、命令法(命令文)、仮定法(仮想の話)のことです。

 

各章の構成

各章は、基本的には例文にもとづいて文法を解説していく進め方になっています。英語を「話す」あるいは「書く」ときに、どんな表現がもっともふさわしいかという視点に徹して解説されているのが本書の特徴です。

 

本書の紙面は少し黄色がかった色で、真っ白よりも落ち着いた感じです。(写真ではあまり色味がわからないですね)

 

表現のための実践ロイヤル英文法の解説部

 

例文はすべて青字で書かれていて独特な雰囲気です。例文の下には、「この表現は~の場合によく使う」といった補足的な解説が添えられています。

 

◆文化的背景の知識

例文の裏にある英米の文化的背景が解説されています。例文をより深く理解するためのものです。

 

 

◆発展

やや高度な内容がまとめられています。

 

 

◆注意

ふつうあまり関心を持たれないが重要なことが解説されています。

 

 

◆参考

英文表現の実際の場での応用や、最新見られる語法の変化の解説などです。

 

 

◆Helpful Hint

Helpful Hintというコーナーでは、表現の使い分け、ニュアンスの違い、学習のコツ、誤りがちなポイント、雑学知識など、通常の教材でいうところの「コラム」的な内容が書かれています。

 

 

本書全体で128個ものHelpful Hintが設けられています。内容をいくつか紹介します。

 

  • [Helpful Hint 11]活用はどのようにして覚える?
  • [Helpful Hint 56]wantとwould likeの丁寧度は?
  • [Helpful Hint 80] 南北戦争と「among/between」の使い分け
  • [Helpful Hint 126]「by the way=ところで」の誤った使い方

 

◆章末問題

[確認問題]

章ごとに、知識を確認するための練習問題が設けられています。量は多くありません。

 

  • 英文の誤っている部分を直す
  • 与えられた語句のうちから、表現や語法の観点から適切な語を選ぶ
  • 日本文の意味を表すように、空欄に適切な語を入れる

     

    といった問題です。

 

表現のための実践ロイヤル英文法の確認問題

 

[実践問題]

確認問題よりも実践的な、日常会話の慣用表現、時事英語、ビジネス英語などの問題です。

 

 

 

付録

◆付録Ⅰ 句読法

終止符(.)、疑問符(?)、感嘆符(!)などの用法について解説されています。

 

◆付録Ⅱ 英文手紙・Eメールの書き方

 

◆確認問題・実践問題の解答・解説

 

◆文法事項索引

文法用語から解説箇所を引くことができます。

 

表現のための実践ロイヤル英文法の文法事項索引

 

◆英文事項索引

こちらは、単語や語句が出てきた箇所を引くもの。

「この表現はどこの章で出てきたんだっけ?」というとき便利です。

 

表現のための実践ロイヤル英文法の英文語句索引

 

別冊 英作文のための暗記用例文300

英文を書くときに応用できる典型的な用例が300、精選されています。ここでも用例に解説が添えられていて親切です。

 

英文を作るときのポイントも示されています。いくつか紹介すると

 

  • Point1. 基本5文型を意識しながら、なるたけ簡潔に書く。
  • Point2. 動詞の意味をよく考えて、日本語に迷わされない。
  • Point3. 日本語に引きずられて時制を誤らない。
  • Point4. 助動詞が示す微妙な意味の違いを理解して活用する。
  • Point5. 能動態にするか受動態にするかは文脈で決める。

 

ページの左半分が日本文、右半分が英文と隔離されていてとても見やすいレイアウトです。

 

表現のための実践ロイヤル英文法の別冊

 

本書の内容は以上です。

 

良い点

本書の良い点を挙げていきます。

 

○とにかく解説が詳しい

本書は、図・イラストに頼らず言葉をつくして解説しようという思想です。学習者が疑問を感じやすいところ・迷いやすいところを解決できるように丁寧に解説されています。

 

○ニュアンス解説も詳しい

文法事項の解説よりも、表現によってニュアンスがどう異なるか、とか、あるシチュエーションに対してふさわしい表現はどれか、といった解説が充実しています。豊富な例文と解説を繰り返し読むことで、表現とニュアンスとの結びつきが頭に入ってくるようになります。

 

○実用的な例文だけで構成されている

初級者向けの文法書ではなく、最初から実際に使える例文で解説されています。つまり、「机の上にリンゴがあります」とか「私は宿題をしなくてはなりません」のような実際に話されることのない例文はありません。会話や作文にそのまま使える例文です。

 

○例文を読んでいると教養が身につく

実在の人物・地名・出来事などを例文として使っているので、例文を読むだけで知識・教養が身につきます。

 

イマイチな点

今度は、(人によっては)イマイチと感じる点を挙げます。

 

  • 一億人の英文法」とは逆に、図・イラストがない。ひたっすら言葉での解説。イメージで理解するほうが得意な人にとってはデメリット。

 

向いている人

  • 英文を書く職業を考えている人
  • 正しく自然な英語表現を追求する人
  • 英語(学習)そのものが好きな人

 

総評

「表現のための実践ロイヤル英文法」の総合評価・・・A+評価(特に優れている教材)

 

私はこの本がとても好きです。英語の好きな人ならこの本が絶対好きになるはず。

 

ふつう、文法というと

 

「ルール」

「規則」

「天下り式」

「英語を使ってやりたいことをやれるようになるために、勉強しなければならないもの」

 

といった、あまり楽しくないイメージがあるのではないでしょうか。

 

本書の内容はそういう辛く苦しいものではなく、英語を話したり書いたりするときの助けになってくれるものです。

 

図・イラストがないのを不親切に感じる人もいるとは思いますが、個人的には豊富な例文と細かい点まで行き届いた解説がありがたいです。私には、イラストの多い本より言葉の解説が詳しい本のほうがなじむようです。

 

英語を学ぶ中で、ルールとしての文法は理解できても、

 

「同じ事を言う表現がいくつもある中で、ネイティブの人はどうやって使い分けてるんだろうなー」

 

とぼんやり疑問を抱いたままだったりしませんか。

 

本書では、そういった疑問に対して、こういう場合にはこの表現がよく使われる、とか、この表現はこういう場合に限られる、など、使い分けについてとてもくわしく指南してくれます。

 

本書は、「効率よく」あるいは「要領よく」英語を学ぶ本としては、ベストではないかもしれません。

 

しかし、疑問・悩みに対して、必ず何かを示してくれえる本であることは間違いありません。文法自体をすでに理解している人にとっても、本書から新たに得られるものがとても多いはずです。

 

読破しなければと思う必要はないでしょう。英語を学習していて何かもやっとした気分になったときに、ちょっと調べる・・・というふうに駆け込み寺的に使えばいいと思います。持っていて損はない本です。「フォレスト」や「一億人の英文法」よりも私は本書が自分に合うと感じました。

 

私が持っているのはこちら(CDなし版)。

 

表現のための実践ロイヤル英文法

新品価格
¥1,944から
(2018/2/22 00:53時点)

 

例文暗記CD付き版もあります。

 

表現のための実践ロイヤル英文法(例文暗記CD付き)

新品価格
¥2,268から
(2018/2/22 00:53時点)

 

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ英語教材
初級者用おすすめ英語教材
中・上級者用おすすめ英語教材
管理人プロフィール

管理人:
ひろし(TOEIC970点)

TOEIC970

⇒プロフィール詳細

おすすめ教材ランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
教材に関する相談を受け付けます。

「ブログで紹介されている英語教材に興味があるが、購入するかどうか迷っている」「教材の中身についてもう少し教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら