ホーム » 目的別教材 » 英会話(スピーキング) » イングリッシュ・クイックマスター英会話advancedの圧倒的練習量

イングリッシュ・クイックマスター英会話advancedの圧倒的練習量


 

イングリッシュクイックマスターのテキストとスマホアプリ画面

こんにちは。

この記事は、中・上級者向け英会話教材「イングリッシュ・クイックマスター英会話advanced」の補足レビュー記事です。

 

 

関連記事:

イングリッシュ・クイックマスター英会話advancedのレビュー

 

イングリッシュクイックマスター英会話advancedは「交渉術」も学べる英語教材

 

 

イングリッシュ・クイックマスター英会話advancedは大量アウトプットを通して、上級の会話力を習得できる教材です。

 

ここでは特に、イングリッシュ・クイックマスター英会話advancedの「圧倒的練習量」について数字を示しつつ書いていきたいと思います。

 

今回は教材のVol.4、UNIT 30を例として会話量(ワード数)をカウントしてみます。

 

UNIT30は、アメリカから来たクリスがかつてのクラスメートの正朗に日本のことを聞いている場面です。

 

イングリッシュクイックマスター英会話advancedのUNIT30

 

この教材では、2日間で1つのスキットを学ぶのですが、1日目と2日目で別の練習メニューが組まれており、スピーキング力を多面的にきたえる構成になっています。

 

では、それぞれの日の会話量を見てみましょう。

 

1日目の会話量をカウントしてみる

スキット全文リスニング(発声なし)

 

スキット全文音読 131ワード

重要表現①のリピーティング 20ワード

重要表現②のリピーティング 6ワード

 

重要表現①の応用例文のリピーティング 69ワード

絵の内容に対応した例文を音読 69ワード

上記と同じ例文のリピーティング 69ワード

 

重要表現②の応用例文4文のリピーティング 31ワード

絵の内容に対応した例文の音読 31ワード

上記と同じ例文のリピーティング 31ワード

 

スキット全文を一文ずつリピーティング 131ワード

 

重要表現の応用例文(ブランク付き)を完成させてスピーキング(1) 26ワード

解答例のリピーティング(1) 26ワード

 

重要表現の応用例文(ブランク付き)を完成させてスピーキング(2) 25ワード

解答例のリピーティング(1) 25ワード

 

片方の登場人物のロールプレイ 60ワード

 

1日目合計:750ワード

 

実際やってみると分かるのですが、リスニングしたものはすべて音読またはリピーティングするので、しゃべる量は非常に多いです。

 

2日目の会話量をカウントしてみる

スキット全文リスニング(発声なし)

 

重要表現①のリピーティング 20ワード

重要表現②のリピーティング 6ワード

 

重要表現の応用例文のシャドーイング(1) 28ワード

重要表現の応用英文のシャドーイング(2) 32ワード

 

重要表現の応用英文(ブランク付き)を完成させてスピーキング(1) 31ワード

解答例のリピーティング(1) 31ワード

重要表現の応用英文(ブランク付き)を完成させてスピーキング(2) 23ワード

解答例のリピーティング(2) 23ワード

 

イラストをもとに重要表現例文を作ってスピーキング(1) 18ワード

解答をリピーティング(1) 18ワード

イラストをもとに重要表現例文を作ってスピーキング(2) 9ワード

解答をリピーティング(2) 9ワード

 

重要表現を使った会話のロールプレイ 43ワード

解答例をリスニング(発声なし)

 

重要表現を使った会話のロールプレイ(+応用) 22ワード

解答例をリスニング(発声なし)

 

2日目合計:313ワード

 

2日目は全文音読などがないぶん1日目より会話量は少ない結果になっていますが、応用的な練習が多く頭を使うのでむしろ1日目より大変かもしれません。

 

2日で1063ワード!

1日目・2日目合計で少なくとも1063ワードの英語を話すという結果になりました。

 

1日のレッスンで平均およそ530ワードということです。

 

530ワードというと、標準的ネイティブ速度で3~4分間しゃべり続けるぐらいの量です。

 

書いてあるものを音読するだけでも相当なアウトプット量になりますが、バリエーション英文を考えたりブランクを埋めたりして頭を使いながら話す練習もあるので、トレーニング負荷はかなりのものになります。まさに中~上級者向け教材といえるでしょう。

 

実際には最初からうまく話せるわけではないので、滑らかに話せるまで繰り返し練習することが必要でしょう。そうすると話す量はもっと多くなります。

 

練習「量」だけではなく「質」もハイレベル

この教材の優れている点は、ただたくさんしゃべらせるだけではなく、「会話における機能」の観点でその重要表現をいかに使いこなすかを学べる点です。

 

例えば今回例に挙げたUNIT30では、「意見を差し控える(控えめに意見を述べる)」がテーマです。

 

英会話では、聞かれたことに対して何も答えないのはよろしくありません。

 

とはいえ、何か意見を求められたとき、あまり断定的なことは言いたくない、あるいはまだそのことは考えたこともなかった・・・けれど、何か答えなければならない、という状況に遭遇することがあるでしょう。

 

そんなときには、以下のような手段が考えられます。

 

  • 当事者の事情については断定できないことを断った上で、自分に言える限りのことのみ言う
  • 自分の個人的な思いであることを明確にした上で意見を言う
  • 相手の疑問に直接答えることを回避しつつ、手がかりになりそうな別の視点からの情報を提示する
  • この話題についてこれ以上触れたくない意志を表明する
  • 現時点で言えることのみ答えて、とりあえずの意見表明とする

 

上記の手段を使う際、UNIT30での「重要表現」を適用してうまく会話をつなぐポイントがテキストで解説されているので、英会話をしていて「答えにくい話題になったなー」と思ったときに役に立つでしょう。

 

他の日のレッスンでも、重要表現を使いこなすことで、会話の流れをどうにか自分の有利な方に持っていく技術を学ぶことができます。

 

「使いこなす」とは具体的にいえば、2~3の重要表現を組み合わせて使うことで、より効果的に話を進めるということです。

 

フレーズ単体の使い方を解説している教材は他にもありますが、フレーズを組み合わせる技術まで意識して解説している教材は他に見たことがありません。「イングリッシュクイックマスター英会話advanced」の最大の特長といえるでしょう。

 

リスニング/スピーキング技能を習得した人でも、多くのものが得られる教材です。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ英語教材
初級者用おすすめ英語教材
中・上級者用おすすめ英語教材
管理人プロフィール

管理人:
ひろし(TOEIC970点)

TOEIC970

⇒プロフィール詳細

おすすめ教材ランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
教材に関する相談を受け付けます。

「ブログで紹介されている英語教材に興味があるが、購入するかどうか迷っている」「教材の中身についてもう少し教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら