ホーム » 目的別教材 » 英会話(スピーキング) » イングリッシュクイックマスター英会話advancedは「交渉術」も学べる英語教材

イングリッシュクイックマスター英会話advancedは「交渉術」も学べる英語教材


 

英会話教材「イングリッシュ・クイックマスター英会話advanced」について補足記事を書きます。

 

 

詳細レビューについてはすでに書いているのでそちらもぜひ読んでください。

 

>イングリッシュ・クイックマスター英会話advancedのレビュー

 

自分の目的を達成するために英会話を習得する

この教材では、単に頻出フレーズなどを覚えるだけではなく、英会話における機能を学べる教材ということはレビュー記事にも書きました。

 

しかし「英会話における機能」を学べるといっても何のことかわかりにくいと思います。

 

何を学べるのかもう少しわかりやすくいうと、自分のやりたいことをできるようにするために、自分の主張にいろんな肉付けをして説得力を持たせる技術が学べるということです。

 

日本人同士では、自分の意図を相手に汲み取ってもらうという文化が根づいているといわれます。

 

そのため、自分の主張ばかり繰り返す人は、極端に言うと「空気の読めない人」と認定されたりします。

 

しかし諸外国では、日本人のように相手の意図を汲み取ってあげようなどという考え方がないので、主張をする側は自分の意思を明確に、印象強く主張しなければなりません。ある意味、「くどく」「しぶとく」話すスキルが必要になります。つまり交渉術としての英会話スキルです。

 

イングリッシュ・クイックマスター英会話advancedでは、この「交渉スキル」を学べるようになっています。

 

何気ない日常会話のスキットも交渉スキルを学ぶ場

イングリッシュ・クイックマスターのテキスト紙面

 

例えば、イングリッシュクイックマスター英会話advancedのVol.2 WEEK3 UNIT13では、友人へのプレゼントとして買ったカップが欠けていたことに気づいた美和(登場人物)が、店員に商品の交換を要求します。

 

I'd like to exchange it.

 

ところが店員は、同じ商品が在庫切れだの何だのとのらりくらり。

 

それなら、と美和は返品を求めます。

 

Then, could I have a refund?

 

しかし店員は頑固で、返品には応じられない、と拒否。

 

それでも美和はあきらめず、感情に訴える手段に出ます。ここは高品質を保証する店じゃなかったの?それに欠けたカップを人にあげられると思うの?と。

 

I thought your store promised high-quality china. I cant give a chipped cup, can I?

 

ここではじめて店員が、「んー、確かにそうですね。」と態度を少し軟化させます。

 

「もう少し押せば行けそうだ!」との感触を得た美和は、間髪入れず相当品との交換を要求します。「そのくらい当たり前でしょ?」というニュアンスで。

 

Can I at least exchange it for a similar item? That isn't too much to ask for?

 

そこで仕方なく店員が動き始める、というストーリーです。

 

店員に返品や交換を求めるフレーズは他の英語教材でも学べますが、イングリッシュ・クイックマスター英会話advancedでは、上の美和の交渉シーンのように、「相手の出方を見ながら少しでも自分に有利な方向に持ち込めるように選択肢を複数用意しておく」といった交渉戦略についても解説されている点が大きな特長です。

 

自分の可能性を広げるために英会話を習得する

イングリッシュ・クイックマスター英会話advancedでは48のスキットが収録されています。それらのスキットではそれぞれ異なる「機能」がテーマになっています。上記の美和と店員の会話は「自分の要求の正当性を強く主張する」という機能です。

 

英会話の学習では、スピーキング練習(アウトプット)をすることがもっとも大切ですが、機械的にアウトプットするだけだとだんだん飽きてくるのも事実です。

 

しかし上の例のように、自分の望む目的を達成するための英会話であり、フレーズ学習であり、スピーキング練習であるというふうに理解できていれば、英会話を学ぶモチベーションを保ちやすいですよね。

 

「海外旅行のとき困らない程度に英会話できればいいよ」という人はともかくとして、「英会話を通して○○をしたい」という想いのある人にとっては、イングリッシュ・クイックマスターはとても多くのことを学ぶことのできる教材です。「買って損した」と感じる可能性がもっとも低い教材だと私は思います。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ英語教材
初級者用おすすめ英語教材
中・上級者用おすすめ英語教材
管理人プロフィール

管理人:
ひろし(TOEIC970点)

TOEIC970

⇒プロフィール詳細

おすすめ教材ランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
教材に関する相談を受け付けます。

「ブログで紹介されている英語教材に興味があるが、購入するかどうか迷っている」「教材の中身についてもう少し教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら