プロフィール

ブログ「英語教材ファイルズ」管理人プロフィールです。

 

ブログ管理人について

HN:ぷろと990

理系。

TOEIC 950点。970点。980点。990点。

他に工業英語検定2級というマイナーな資格も持っています。

海外留学、赴任経験はありません。純ジャパです。

ブログについて

当ブログ「英語教材ファイルズ」は、英語教材レビュー/比較ブログです。

 

基本、中学校で多少でも英語を勉強したことのある人が英会話を身につけるための教材を紹介します。

つまり

・まったく英語を勉強したことのない完全初心者

・すでに英会話がある程度できている中級~上級の人

の中間の、

 

「学校で英語を勉強してきたけど、会話となると全然ダメ。どうすればいいの?」

という人向けの情報ブログです。

 

私自身は、海外駐在できる程度の会話力はあります(某大手英会話スクールの診断)。

しかしTOEICスコアを考えれば、英会話はまだまだ伸びると思っています。

 

英会話習得に対する私の考え方は以下のようなものです。

  • 英会話スクールやオンライン英会話で会話力は伸びないし、金がかかるので利用したくない。
  • 日本で会話力を伸ばす余地があるとわかっているから、留学もしたくない。
  • 受験英語の「正しい解答を選ぶ」というプレッシャーから解放されて、できるだけ頭を使わずに学習したい。
  • つまり「単調な練習をしているうちに『話せる・聴ける』ようになる」のが理想。「正しさ」を追求して悩んだり考え込んだりするのは精神衛生上も良くないし、効率も悪い。

 

要するに、淡々と独習して英会話をマスターしたい!そういうスタイルで英会話を習得するのに適した教材は?という観点で教材を評価していきます。

 

さて、世の中には、たくさんの英語教材が売られています。

 

教材にはたいてい

「○○日で英会話がこなせるようになりますよ!」

的な触れ込みがありますが、

「本当にそんなに短期間で効果が出るのか?」

と思うのが普通ですよね。

 

まあ、たいていは誇大広告ですが、ネット通販教材では書籍教材のような値段のしばりがない分、ユニークな教材もあります。実際に購入した感想も交えてレビューをしていこうと思います。

よその英語教材レビューサイトを見て思うこと

ネット上に非常に多くの英語教材レビューサイトがありますが、それらを見ていて下のように感じることが多いです。

 

  • 教材の実践内容がわからない。すなわち実際に教材をどう使って、どんな学習をするのか書かれていない。だから「良い教材!」「オススメ!」と言われてもとまどってしまう。
  • まったく違う種類の教材を同列のランキングで順位付けしてオススメしているのは意味不明。1位がスピーキング教材で2位がリスニング教材とか。売り上げ順位ならともかく、教材の優劣でランキングするなら、同じ種類のものを比較して順位付けするのが筋ではないのだろうか?誰に何をオススメするためのランキングなのか?
  • 教材の写真入りでレビューをしている割に、教材の良い点しか書いていない。本当に中身を確認したのか?教材を使ってみたのか?他人のサイトからのパクリ写真ではないのか?(当ブログもパクリ被害にあいました)

 

英語教材についてネットで情報を集めようとして、上と同じようなことを感じた人もいるのではないでしょうか。

 

総じて、「情報」はあふれているけど「有益な情報」は少ない。というかほとんどない!

 

そこで当ブログでは、どの英語教材を購入するか迷っている方に、「購入するかどうかの判断に役立つ情報」を発信していきたいと思います。

950点を取ったときの勉強方法

私は2007年にTOEIC950点を取得しました。

 

当時、TOEICに限らず「試験勉強というものは本番形式(過去問あるいは模試)反復演習に尽きる!」という信念を持っていたので、TOEICの模試問題集を買ってきて繰り返し解いていました。

 

解いたあとはあまり深く追求せず、また次の模試を解くというやり方でした。せいぜい、間違えたところとか、分からなかった単語を調べて適当に書き出したりしていただけだと思います。先に書いた「頭を使わない学習法」をある意味実践していたわけですが、ぶっちゃけ、あまりおすすめできる学習方法ではありませんね。

970点を取ったときの勉強方法

そして2018年。

ガラッと勉強方法を変えたら、970点取得!しかもリスニングで495点(満点)取れました。

 

何をしたのかというと、

 

「音読に徹する」

 

これだけです。詳細は下の記事をどうぞ。

 

音読でTOEIC970点に到達した話

 

音読だけでも、まだスコアを伸ばせると確信しています。音読は「完全」ではないにせよ、間違いなく「最強」の学習法の一つなのです。

学習メニューを微調整しつつ音読を続け、980点達成!

970点取得後、一度スコアダウンを経験するのですが、その反省から学習内容を見直し、体調も整えて臨んだ第234回公開テスト(2018年10月28日)では980点を獲得。

 

980点取った話

 

スコアダウンしても、「まだ音読でぜったいにスコアを伸ばせるはずだ!」という信念を曲げず、音読中心の学習を続けた成果です。狙い通りの結果が出てとても嬉しかったですね。

そしてとうとう990点達成、音読で。

音読を続けた結果、半年あまりで990点を取ることができました。2018年11月18日、第235回TOEIC L&R TEST、通算12回目の受験です。

 

音読でTOEIC990点に到達した話

 

音読で990点到達に到るまでにやったことは、「音読と暗唱」カテゴリの記事にすべて書いたつもりです。

もしあなたが、TOEICスコアが伸びなくて悩んでいるなら、ぜひ読んで欲しいです。(英語教材のレビューブログという趣旨から若干、脱線していますが・・・。)

TOEICに限らず、英語学習で行き詰まっているとき、音読のようなシンプルな練習に打ち込むことで道が開けるかもしれません。私がTOEICスコア停滞を打破したのと同じように...

990点取得後は会話スキル向上のため「暗唱」に専念中

990点到達をもってTOEICは一区切りとし、今はふたたび「会話力を伸ばす」ことに取り組んでいます。

コミュニケーションをしたいわけではない

私は「思ったことが難なく英語で表現でき」、「聞いた英語が難なく理解できる」、純粋な言語能力が欲しいだけであって、「世界中の人々とコミュニケーションしたい!」みたいな意識の高さは持ち合わせていないのです。

 

ですから英会話スクールやオンライン英会話は役に立ちません。

まともな英語を話せていなくても講師は相手をしてくれるから(金払っているので)、意味ないんですよね。

むしろ、「正しい英語を話したときだけ返事をしてくれるロボット」とかあったら、そっちのほうが役に立つでしょう。

「暗唱」が道を開いてくれるはず。

ということで独習での会話トレーニングとして、「暗唱」に取り組んでいます。

教材レビューも「暗唱」の観点から書いていきます。