• プライムイングリッシュのアイキャッチ 英会話(スピーキング)
    「プライムイングリッシュ」のレビュー
    2017年11月19日
  • 英会話(スピーキング)
    7+EnglishとSimple English/Magic 81の比較
    2016年3月25日
  • 音読と暗唱
    音読でTOEIC970点に到達した話
    2018年7月21日
  • イングリッシュクイックマスターのCD 英会話(スピーキング)
    イングリッシュクイックマスター英会話advancedのレビュー
    2017年12月20日
  • アイキャッチ990点 音読と暗唱
    音読でTOEIC990点に到達した話
    2018年12月19日
  • アイキャッチ990点 音読と暗唱
    【音読でTOEIC990】990点到達に役立った教材20個まとめ。
    2019年2月12日
  • アイキャッチ990点 音読と暗唱
    【音読でTOEIC990】990点取れた理由
    2019年2月9日
  • 音読と暗唱
    【音読でTOEIC970】リスニング満点取れた教材2冊。
    2018年7月27日

新TOEICテスト990点攻略の表紙

はTOEIC対策に「音読」を活用し、2018年11月のTOEIC 公開テストで990点を達成しました。

 

 

教材を実際にどのように使って音読したか、教材ごとに記事を書いています。

 

 

今回は、濱崎潤之輔先生の「新TOEICテスト990点攻略」を使ったパート1勉強法について書きます。

 

990点が射程距離内に入ってきてはじめて気づいたこと

TOEICで「難しいパートはどれか?」と聞かれたら、「パート3・4・7」あたりを答える人が多いと思います。

 

リスニングあるいはリーディング自体の負荷が高いこと、思考力・判断力・短期記憶力が求められること、そして問題数が多く試験時間の中で占める割合が多いこと、等を考えればそれは自然なことだと思います。

 

一方、パート1やパート5は相対的に取り組みやすいパートとして見られることが多いでしょう。

単文レベルでの問題なのでリスニング・リーディングの負荷は低いし、「手がかりを探す」「散らばっている情報を統合する」といった複雑な過程が求められません。

ですからパート3・4・7と比べれば苦手意識が低い人が多いと思います。

 

しかし、パート1・パート5は、それぞれリスニング・リーディングの最初のパートなので、高得点を取るためには決しておろそかにできないパートです。

これらのパートで「全問正解」できたか、「いくつか落してしまった」かによって、残りのパートに臨むメンタル的な環境が大きく変わってきます。

 

また、パート2・パート4と比べると、パート1・パート5は、事前の(試験中ではなくふだんの学習での)対策がしやすいパートといえます。

というのは、パート2・4では、会話のシーンを把握できなければ正答するのは非常に難しくなるからです。

(事前に語彙や表現を覚えても、会話のシーンを一瞬で把握するのにはあまり役立たない場合も多いです。)

 

リスニング全体で3問程度までのミスなら満点を取れるといわれますが、パート1で1問ミスしてしまうと、パート2・パート4で合計2問しかミスが許されない計算になります。

 

また、リーディングで満点を取るためには、基本的にノーミスが求められます。

990点を狙うなら、パート5は1問20秒で、全問正解が前提になります。

 

まとめると、990点を目指すなら、パート1・パート5はこれでもかというぐらい万全な準備をすべきなのです。

 

990点に近づくにつれて、自分がパート1・パート5をいかに舐めてかかっていたかに気づき、急遽これらのパートへの対策を始めました。

その一つがこの「新TOEICテスト 900点攻略」を使った「正解データベース構築&強化」です。

「新TOEICテスト 990点攻略」は、「解く」のではなく「覚える」

【CD2枚付】TOEIC L&Rテスト990点攻略 改訂版: 新形式問題対応 (Obunsha ELT Series)


Amazonで見てみる

 

本書は、TOEIC990点を数十回取得している濱崎潤之輔先生執筆の「990点を本気で取りに行く人向け」教材です。

 

一般的な意味での「上級者向け」ではなく、990点を現実に狙える範囲にいる人にターゲットを絞り込んだ内容になっています。

つまりハイレベルな人に対しては弱点・盲点になりやすいポイントを集中的に学習するメニューが用意されている一方で、700点~800点台程度の人にとっては当面必要のない事項ばかり書かれているということです。

 

990点を狙える位置にいる人はすでに高度な知識・リスニング力・読解力を備えているので、一般的な「解説」や「解法」のレクチャーは必要ありません。

パート1であからさまに写真と関係ない選択肢を見分ける力や、パート5で[構文的視点]で速く・正確に解答するスキルはすでに身につけていることでしょう。

 

そういったレベルの人に必要なのは、「正解データベース」を990点レベルまで愚直に構築・最適化することです。

出題される可能性のある語彙・表現を脳内にストックし、「たまたま出題された難問題」にもカンや確率ではなく知識で対応できるように準備することです。

 

本書、特にパート1・パート5では、まさに上記のような「正解データベース」づくりのためのトレーニングと問題が用意されています。

私はもちろん、これまで自分に確実な効果をもたらしてきた「音読」を通して本書を活用することにしました。

パート1対策

本書のすごいところの一つは、本気でパート1対策をするためのメニューが用意されていることです。

990点取りたいならパート1も全力で取り組むべし!という著者の真剣な態度が伝わってきます。

 

実際、本書には以下のように書かれています。

Part 1は決して甘いパートではないということを、しっかりと肝に銘じておいてほしい。

(本書p.12)

 

本書のパート1対策の戦略は大きく分けて「特有の不自然な表現に対応する」と「聞き分けの困難な表現に対応する」という2本柱になっています。

とはいえ、私が音読をするにあたっては、これらのことを意識することは特にありません。

内容を把握した上で、英文を反復的に音読するだけです。

 

本書の構成は、テキスト本体+別冊模試+CD2枚。

990点攻略の教材構成

 

パート1対策としては、以下のメニューが収録されています。

  • Training
  • Practice Test
  • Final Test(別冊模試)のPart 1

 

これらに含まれている例文の音読を通して、語彙・表現を獲得します。

Training(50問;例文50個)

ここはCD音声を聴き、写真を参考にして全文をディクテーションするトレーニングになっています。

 

写真は下のような感じで、もともとは明瞭な写真だと思うのですが、紙面上では非常に小さな写真になってしまっているのが難点です。

990点攻略のPart1のTraining

 

そして写真に対応する英文とその訳、解説が示されています。

語注もありますがあまり親切とはいえません(例えばpodium「演台」などがピックアップされていない)。

990点攻略のPart1のTrainingの英文と訳

 

本書では上記のとおり「ディクテーション」をするように書かれていますが、私は次のように使いました。

 

1.英文の内容を理解する

まず全文をていねいに見て、知らない単語は自分で調べ(辞書、画像検索等)、語句が指すものをイメージできるようにします。

 

例えば下の画像の中央にある11番の写真。

990点攻略のTrainingの写真

写真に対応する英文は以下のとおり。

Some microphones are attached to the podium.

(いくつかのマイクが演台に取り付けてある)

ここでは、「演台」という言葉を覚えるのではなく、podiumという言葉を聞いたときに、「講演をする人の前にあって、マイクとかが立てられている机のようなもの」がイメージとして思い浮かぶようにします。

 

2.英文と和訳をパソコンで入力する

英文とその和訳を、まずワープロソフトで書き出します。ここではまず和訳を入力し、その下に英文を入力しています。

990点攻略のPart1英文と訳を書き出す

 

3.英文と和訳をスマホにコピーする

ワープロソフトに打ち込んだテキストをコピーして、ワープロソフトからスマホのメモアプリに貼り付けます。

ワープロソフトを使ったのは単に入力がしやすいという理由だけです。

 

ワープロソフトでは誤記訂正機能があるので、入力ミスのリスクが減るメリットもあります。

990点攻略の英文と訳をスマホに入れる

 

4.音声ファイルを準備する

付属CDに収録されている朗読音声ファイルをオーディオプレーヤに入れます。

私はソニーのNW-A35を愛用。

990点攻略の音声ファイルをオーディオプレーヤに入れる

 

5.音声を精聴する

朗読音声を聴いて発音、リズム、イントネーションを確認します。

 

音声は例文ごとにアメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアのナレーターが入れ替わりで吹き込んでいます。

アメリカ人・カナダ人と比べるとオーストラリア人は聴きづらいときがありますが、TOEIC公式ナレーターのオーストラリア人よりは聴き取りやすいかと思います。

 

6.音読を実践する

スマホを見ながら例文を音読します。画面をスクロールさせることで、次のような各トレーニングができます。

(1)和訳を確認しながら英文を音読

990点攻略のPart1の英文と訳をスマホで見ながら音読

解説として読む場合には、上の写真のように英文と和訳を上下に並べて書いていると対比しやすくていいと思います。

しかし音読をする場合には、どうしても訳が目に入ってきて気が散ります。

 

そこで次のようにします。

 

(2)和訳を隠し、英文のみを表示させた状態で、文の内容をイメージしながら英文を音読

このほうが和訳が目に入らない分、英文に集中できるので音読しやすいです。英文の意味がわからなかったら、スクロールすれば和訳をすぐに確認できます。

990点攻略のPart1英文を見ながら音読

 

(3)英文を隠し、和訳のみ表示させた状態で、和訳から英文を作る

和文→英文作成(瞬間英作文ですね)はなかなか難しいので、英文を見ながら数回英文を音読したあとで、効果確認的な目的でたまにやっていました。

990点攻略のPart1英文の和訳から英文を作る

 

上のような単純な文にも、多くの重要ポイントが含まれています。先に書いた"podium"(演台)という語彙以外にも、例えば

  • 「マイク」は英語では"microphone"。「マイク」はカタカナ英語なので通じない。
  • 「取り付ける」は"attach"。TOEICでは「(ファイル・データを)添付する」の意味でパート5~7に頻出だが、リアルなモノを取り付けることを表すのにも使う。
  • 時制/態は"are attached"。ここでは、取り付けるという動作は完了しているので、are being attached(受身の進行形)は使えない。一方、取り付けられた状態が継続しているので、have been attachedなら正しい表現となる。

 

不思議なもので、こういった「知識」だけを覚えようとすると大変ですが、音読を繰り返して英文がある程度身体になじんでくると、ポイントが自然に見えてくるようになります。

 

と、こんな感じで、スマホを使って音読をします。

 

スマホだと、通勤時などスキマ時間にもサッと見れるメリットがある一方、私が他の教材でやっているように「正」の字で音読回数を管理することができないのがデメリットです。

紙の教材は手軽に書き込みができるという捨てがたいメリットがあるので、今後も存在し続けるんだろうなーと思います。

Practice Test(10問;例文40個)

ここはTOEIC形式の問題になっています。

990点攻略のPart1のPracticeTest

 

英文・訳・解説も詳しく書かれているので、読んで内容を理解します。

 

写真1枚に対して選択肢4個なので、写真に対応していない選択肢の例文3個については和訳と語注を参考に自分で内容を理解し、イメージを持っておくことが必要になります。

990点攻略のPart1のPracticeTestの解答・解説

 

このPractice Testも、やることは「Training」と同じで、英文と和訳とをスマホで見て音読するだけです。

990点攻略のPracticeTestの英文と訳をスマホに入れる

Final Test(10問;例文40個)

ここもPractice Testと同様、TOEIC形式の問題。

990点攻略のFinalTestのPart1問題

 

そして英文、和訳、解説。

990点攻略のFinalTestの解答解説

 

やることも同様。スマホのメモアプリで英文と訳を見られるようにして音読。

スマホに990点攻略FinalTestの英文と訳を入れる

 

以上合計で、パート1例文90個を本書で学ぶことができます。濱崎先生が厳選した語句・表現を含む例文なので、丸暗記しても損はないでしょう。

パート1対策に音読は有効か

試験では、写真を見て、音声を聞いて正誤を判断するのであって、一見そこには「文字」が介在しないように思えます。

 

したがって、文字を見て音読するというワークは「的外れ」あるいは「遠回り」に見えるかもしれません。

 

「音声」と「意味」を関連付けて覚えることができれば、パート1は攻略できる(音読など不要)という考え方もあるでしょう。

 

しかし、音読という能動的な行為を通して覚えるほうが、「(写真を)見る」「(音声を)聴く」という受動的な学習方法よりも記憶に残りやすいと思います。

 

本書で推奨されている「ディクテーション」も同じで、聴いたものを紙に書き取る(あるいはパソコンでタイピングする)という能動的な作業を通して覚えることで、記憶の定着率を高める効果が得られるのです。

 

また、パート1対策にここまでやらなくても・・・と思うかもしれません。

それについては、濱崎先生が本書の中で書いていることが参考になります。

毎回1~2問出題される難易度の高い問題は、他のパートにはあまり出現しない、なじみの薄い表現を含んでいることが多い。そのため、Part 1で出現される可能性のある表現をできる限りたくさんマスターしておく必要がある。

(本書p.15)

つまり、パート2~7への対策をがんばったからといって、パート1で常に全問正解できる実力が「自然に」ついてくる、という現象は起こらないわけです。端的に言えば、パート7の問題をたくさん解いても、wheelbarrow(手押し車)やwindowsill(窓台)というパート1特有の要注意単語に出会う可能性が低いということです。

 

私自身、パート1対策をまじめにやらずにいたことは、かなり反省すべき点です。

現在私はTOEICの勉強を中断していますが、再び990点を目指して勉強することになったら、間違いなくパート1対策にしっかり時間を投入します。

 

【CD2枚付】TOEIC L&Rテスト990点攻略 改訂版: 新形式問題対応 (Obunsha ELT Series)


Amazonで見てみる

 

次回は本書を使ったパート5対策について書きます。

関連キーワード
音読と暗唱の関連記事
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / magic 81で実践する暗唱トレーニング(3)
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(2)
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング
  • 瞬間英作文トレーニング教材内容
    英文は「作る」よりも「暗記する」ほうが脳にとってはラクなのかもしれない
  • 中学英語で言いたいことが24時間話せるの外観
    話せるようになる人とならない人の違いとは?
  • 瞬間英作文教材3点
    「暗唱」を始めました
おすすめの記事