TOEICテスト新形式精選模試リスニングの紙面

音読でTOEIC970点に到達した後も、同じ教材でリスニングパートの音読を続けています。

 

TOEIC新形式精選模試リスニング」の模試5回分、全パートで25回の音読を終えたところです。

 

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

この教材では模試1回分に、下記の音読素材が含まれます。

 

パート1:6センテンス(正解のみ)

パート2:会話 1往復×25問(正解のみ)

パート3:会話 13ユニット

パート4:トーク 10ユニット

 

これを5回分やっているので、TOEICで出題されるパターンはだいたい網羅できているんじゃないかなと思います。

 

「もっといろんな問題にあたらないとダメなのでは?」という不安を感じることもしばしばですが、「反復」に意味があると信じて、他の教材には手を出さないようにしています。

・・・焦りや先で文句に惹かれて、次から次へといろいろな教材に手をつけはしたが、どれも中途半端で、結局何も身につかなかったという例は、文字通り掃いて捨てるほどあるのです。私自身の経験でも、また周囲の人を観察しても、基礎作りの段階では、教材に関して禁欲的な人が成功する確率が高いのです。

「国弘流 英語の話しかた」(国弘正雄著、たちばな出版)

 

25回終えた時点で

「20回ぐらい読むころには自然に会話文を暗記しているかなー」とぼんやり考えていましたが、25回でもまだ暗記は起こっていません。

 

まぁ、語彙の獲得が目的であって、英文全体を暗記するために音読しているわけではないので、暗記できていたらラッキー、できていなくても別にいいという感じです。

 

リスニングパート、特にパート3・4の音読は、[パート5に比べれば]苦にならずに続けることができています。

やはり少しでも文脈のあるもののほうが、音読に取り組みやすいですね。

 

最初の10回ぐらいはなかなかスムーズに音読できなくてかなりイライラしていましたが、15回ぐらい以降はある程度滑らかになってきたと感じています。

架空の固有名詞がどんどん蓄積されていく

どうでもいいのですが、音読した後、架空の固有名詞が頭の中でこだましていることが多いです。

 

地下鉄駅に行く途中の「YBC銀行」、カリスマコンピューター講師「Barbara Gilliamさん」、便利な靴通販サイト「Steppers.com」、歯医者「Freemont先生」、巨大企業「Soniba Electronics」......

 

TOEIC問題作成者も、実際にありそうな名前を考えるのが大変なんじゃないでしょうか。

かといって、星新一の小説みたいに「N氏」とかにすると、リスニングが難しくなるのかもしれません。

 

受験者側としては、わかりやすい名前にしてほしいですね。

音読の効果はリスニングに現れる

再生速度変更可能なウォークマンに音読素材の音源を入れて、音読の合間に高速リスニングをしているのですが、繰り返し音読した素材なら1.7倍ぐらいの速度でも聴き取れます

 

1倍(元の速度)で聴くと、「ネイティブのナレーターは、このスピードでしゃべるの大変だったんじゃないかな?」と感じるぐらいにゆっくり聞こえます。

本当です。

 

この「反復音読&高速リスニング」学習法は非常に効果が感じやすいのでおすすめです。

 

ただし「高速リスニング」だけではこの効果は得られません。

音読を通して語彙を身体に内在化させる過程が必須です。

 

前回のTOEIC受験の前には、音読はやっていましたが「高速リスニング」はやっていなかったので、次の受験ではだいぶ余裕を持ってリスニングパートに臨めるのではないかと期待しています。

 

関連キーワード
音読と暗唱の関連記事
  • 圧倒的な読解スピードを得るには
  • 音読に最適。TOEIC本らしからぬTOEIC本「読解特急3上級編」
  • 知っておきたいシャドーイングと音読の類似点と相違点
  • 【音読でTOEIC970】音読でまいた種をリスニングで刈り取る
  • 【音読でTOEIC970】900点特急Ⅱの音読は修行
  • 【音読でTOEIC970】音読で日本語を排除する
おすすめの記事
リピーティングしやすい英語教材選び
教材の選び方
リピーティングは、一つの文あるいはひとつのフレーズ単位で英語を最後まで聞いたあと、それを忠実に繰り返す訓練です。リピーティングでは、耳から入...
Hapa英会話とネイティブトークの比較
Hapa英会話
旅行英会話の人気教材「Hapa英会話」と、ネイティブフレーズを身につける英会話教材「ネイティブトーク」の比較をしてみます。どちらの教材も私が...