ホーム » 音読と暗唱 » 【音読でTOEIC970】音読しようとしてプチ挫折した教材

【音読でTOEIC970】音読しようとしてプチ挫折した教材


文法問題でる1000問の外観

 

音読でTOEIC970点に到達した件の関連記事です。

 

TOEIC970点取得時、音読に使った教材についてはすでに書きました。

 

リスニング満点取れた教材2冊。

 

今回は、音読に使おうとして挫折した教材について触れておきます。

 

TOEICのボキャブラリーといえばこの人。

本書の著者・TEX加藤先生は、TOEICに出てくる単語についてはもっとも精通している講師の一人です。

 

TOEICテストで出た単語をテスト後に書き留めた「TEXファイル」をもとに作られたのが、有名な「金のフレーズ」。

 

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

そして本書は、TEX加藤先生が7年間・計70回の受験経験とTOEIC研究で得たエッセンスをすべてつぎ込んだというパート5対策問題集です。

 

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

 

大量の良問題+朗読音声つき。

文法問題でる1000問の紙面

 

大ボリューム1019問を収録していますが、ムダな問題はありません。一問一問に、TOEIC重要単語とパート5問題を解くためのポイントが込められています。

 

またありがたいことに、音声ファイルがウェブサイトで提供されています。本書中に書かれたパスワードを使えばダウンロード可能。

 

「TOEIC的な語彙と構文が凝縮された高品質英文」と「朗読音声」で、音読素材としては申し分ありません。

 

要するに、本来は文法問題集である本書を、DUOのような例文型単語集として利用しようというアイデアです。

 

 

・メイン教材

TOEIC新形式リスニング模試

→加藤優先生

 

・サブ教材

究極のゼミPart7

→ヒロ前田先生

 

という信頼できる講師2名に加えて、本書でTEX加藤先生の教材も音読して語彙のセンスを吸収できれば、TOEICのボキャブラリーについてはひとまず完成するだろうと虫のいいことを考えました。

 

カリスマ講師3人分のボキャブラリーをもってすればリスニング・リーディングともに十分に対応できるはず。対応できない単語に遭遇しても、諦めがつくだろうと。

 

挫折。

上記のように、「でる1000問」の英文に対する音読モチベーションは確かにあったのですが・・・ちょっとやってみて挫折してしまいました。

 

◆挫折した理由その1:センテンスに興味を持てない

 

TOEICパート5のセンテンス一つひとつを音読するのは、想像以上に忍耐力を要します。

 

パート5のセンテンスって、「誰が」「誰に対して」「何の媒体に」書いているものなのか、わからないですからね......。

 

TOEICパート3・4なら「同僚や店員との会話」だし、パート7のような文書なら、架空の話であっても「クレーム」「広告」「記事」など多少なりともストーリー性があります。パート5と比べればまだ音読しやすいほうです。

 

パート5のセンテンスは、誰かさん(GuptaさんとかPatelさん、他)がなんかしました、終わり。って感じで、しかも次のセンテンスはまた別の誰かさん。気持ちを込めて音読するのは至難の業ですね。

 

 

◆挫折した理由その2:センテンス一つひとつが長くて音読負荷が高い

 

感じ方の問題なのですが、パート5に出てくるセンテンスは主語と動詞の間が離れていたり、2つのセンテンスで書けるものを関係代名詞(whichやwho)や分詞を使って1つのセンテンスになっていたりして、理解しながら音読できるまでに時間を要するものが多いです。

 

 

◆挫折した理由その2:ボリューム多すぎ

 

1019文もあるので、どうやって取り掛かればいいかわからず、手つかずになってしまいました。

 

仮に50回音読するとしたら、

 

ひとつのセンテンスを10回音読

→次のセンテンスに移る

→これを1019センテンスすべてで実践

→これを5サイクル

 

・・・気が遠くなってしまいますね。

 

 

ということで軽く挫折しています。

 

本書「でる1000問」の音読はかなり後回しになりそうです。でもたぶんいつか音読します。

 

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ英語教材
初級者用おすすめ英語教材
中・上級者用おすすめ英語教材
管理人プロフィール

管理人:
ひろし(TOEIC970点)

TOEIC970

⇒プロフィール詳細

おすすめ教材ランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
教材に関する相談を受け付けます。

「ブログで紹介されている英語教材に興味があるが、購入するかどうか迷っている」「教材の中身についてもう少し教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら