• アイキャッチ990点 音読と暗唱
    【音読でTOEIC990】990点取れた理由
    2019年2月9日
  • アイキャッチ990点 音読と暗唱
    【音読でTOEIC990】990点到達に役立った教材20個まとめ。
    2019年2月12日
  • 英会話(スピーキング)
    7+EnglishとSimple English/Magic 81の比較
    2016年3月25日
  • 音読と暗唱
    【音読でTOEIC970】リスニング満点取れた教材2冊。
    2018年7月27日
  • 音読と暗唱
    音読でTOEIC970点に到達した話
    2018年7月21日
  • アイキャッチ990点 音読と暗唱
    音読でTOEIC990点に到達した話
    2018年12月19日
  • プライムイングリッシュのアイキャッチ 英会話(スピーキング)
    「プライムイングリッシュ」のレビュー
    2017年11月19日
  • イングリッシュクイックマスターのCD 英会話(スピーキング)
    イングリッシュクイックマスター英会話advancedのレビュー
    2017年12月20日

新形式精選模試リスニング外観

音読だけでTOEIC970点に到達した件についての記事をずっと書いています。

 

前回の記事で、970点取得時に使った教材の概要を書きました。

 

今回は、メイン教材として使った「TOEICテスト新形式精選模試リスニング」について詳細を書きます。

 

教材の一般的な話はamazon等を見ていただければいいと思います。(下記リンク)

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

著者は全員990点講師

本書はTOEIC対策専門スクール「エッセンス イングリッシュ スクール」の990点講師陣が執筆しています。

 

TOEIC専門校の看板を掲げた教材ですから、相当な問題研究をした上で制作されているのでしょう。

 

個人的には、上級者向け高評価教材「900点特急Ⅰ・Ⅱ」の著者、加藤優(かとう まさし)先生が執筆参加されているので信頼できると思いました。

大きめサイズで使いやすい

「問題」と「解答と解説」が切り離せます。

「解答と解説」のほう(下の写真)に設問、選択肢がすべて掲載されています。パート1の写真も。

新形式精選模試の紙面

私は問題をまったく解かず音読をやるだけなので、そもそも「問題」のほうの冊子をまったく使いませんが・・・

 

問題を解きたい人にとっては、解いたあと解説を読むときに、問題のほうを見る必要がなく、とても便利です。

あっちを見たりこっちを見たりしてムダにイライラしたくないですからね。

 

A4サイズなので、問題側も解説側も机の上で開いて置くことができるし、マーカーしたり書き込んだりするときにも楽です。

 

英語教材テキストは、コンパクトなほうが使いやすいと以前は思っていました。

外出時にも使う想定ならコンパクトなほうがいいでしょう。

 

しかし私のように自宅で音読メインで使う場合には、本書のように大きくて開きやすいテキストのほうが使いやすいです。

「解答と解説」のレイアウトが素晴らしい

「解答と解説」の中身は、単なる正答誤答の理由だけではなく、下記のように充実しています。

模試5回分を1冊につめこむために、初級者向けの解説がある程度割愛されている分、濃密な内容になっている印象です。

  • 英語音声のスクリプト
  • 英語音声の和訳
  • 語注
  • 設問、選択肢のスクリプト
  • 設問、選択肢の和訳
  • 解答
  • 正答率
  • 「990点講師の目」(ポイント解説)

 

新形式精選模試リスニングの紙面

 

特筆すべきは、語注のチョイスの絶妙さです。

 

語注が豊富すぎると、目当ての語句を探すのに逆に手間取ったりします。

しかし本書では、なんでもかんでも語注をつけるのではなく、厳選された語句のみピックアップしているので、中~上級者の方が「これどういう意味だったっけ?」と思った語句が一瞬で見つかるようになっています。

 

一定レベル以上の学習者にとって「必要十分」のバランスになるよう、検討に検討を重ねたことが窺われます。

 

英会話でよく使うイディオムにも語注がついているので、ポイントを押さえた英会話教材としても十分使えるものになっています。

設問解くためだけに使うのはもったいないですね。

 

音読教材として使う立場からいうと、発音記号も載っていると完璧なんですが・・・まぁぜいたくはいえません。

むろん音声はMP3形式で付属しています。

 

レイアウトについて付け加えると、問題ごとに新しいページになっており、1つの会話のスクリプトが必ず1ページの中に収まっているのも良い点です。

音読している途中にページをめくったりする必要がなく、集中して音読できます。

まだまだ使える

私は音読教材として本書を選定し、本書の模試5回分のスクリプトをすべて15回は音読しました。

TOEICリスニング満点をはじめて取ることができたのは、間違いなく本書のおかげと確信しています。

 

リスニング満点を安定して取れるようになった後、990点に到達するまでがけっこう大変と聞きますが・・・音読でどこまで行けるでしょうか。

 

少なくとも、本書の音読をさらに繰り返すことでリスニングのスコアが安定してくると思うので、50回ぐらいは音読をしようと思います。

 

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

 

今後も教材の話が続きます。

関連キーワード
音読と暗唱の関連記事
  • アイキャッチ990点
    【音読でTOEIC990】「反復」がいちばん大切。
  • 【990点取った音読】「新TOEICテスト990点攻略」の使い方(2)パート5対策
  • 【990点取った音読】「新TOEICテスト990点攻略」の使い方(1)パート1対策
  • 900点特急の外観
    【990点取った音読】「TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6」の使い方
  • 900点特急Ⅱの外観
    【990点取った音読】「900点特急Ⅱ 究めるパート5」の使い方
  • 究極のゼミPart7
    【990点取った音読】「TOEICテスト究極のゼミPart7」の使い方
おすすめの記事
ネイティブトーク(横田力さん)のレビュー
英会話(スピーキング)
この記事では、横田力(ヨコタ チカラ)さんの英会話教材「ネイティブトーク」のレビューを書いています。私が実際に教材を購入して使ってみた感想で...
手間のかかる教材は捨てること
教材の選び方
あなたは自分のことを真面目な人だと思っていますか?「真面目に英会話の学習をしているのにいまいち結果が伴わないな」と感じたりしていませんか。真...