Simple English Magic 81教材セット

 

現在私は、英語教材「Simple English / Magic 81」を使った暗唱トレーニングをしています。

 

 

Magic81アイキャッチ
「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド
作者:酒井一郎
メーカー:(有)WENSday
発売日:2007年1月27日初版
公式サイト:https://www.simpleenglish81.com

 

関連記事:

 

前回の記事「Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(3)」で書いたように、「81文」を繰り返し音読したところ、ある程度81文を暗唱できるようになりました。

 

もちろんまだまだ十分とはいえないので音読→暗唱を継続していけばいいのですが、ちょっと変化をつけるために、リピーティングをやってみました。

 

私は、TOEIC対策で音読をひたすらやっていたとき、リピーティング・シャドーイングはいっさいやりませんでした。

なぜかというと、

  • テキストを見ながらの音読と比べると、負荷が飛躍的に高くなるから
  • テキストを見ながらの音読だけで十分効果が出ていたから
  • リスニングしている時間がもったいないから

です。

 

関連記事:

【音読でTOEIC990】990点取れた理由

 

負荷の高いトレーニングをしようとはまったく思わないのですが、スピーキング力をつけるには活字から離れた(テキストを見ない)トレーニングを積極的にやったほうがいいんだろうなとは思っていたので、気分転換もかねて「テキストを見ないリピーティング」をしてみました。

リピーティングの手順

今回やるのはテキストを見ずに行うリピーティングなので、CDだけを使います。

 

Simple English Magic 81のCD

 

Simple English / Magic 81に付属のCDでは、英文をネイティブナレーターが読み上げたあと空白時間が設けられているので、聴き取った英文をそのまま繰り返して言います。

 

今回は「リピーティング」なので、1文全体を聴いて記憶し(短期記憶=リテンションといいますね)、空白時間内に記憶した英文をアウトプットします。

リピーティングをやってみた感想

ほとんどの例文が頭に入っているのでスムーズにリピーティングできた

今回、ほとんどの例文が暗唱可能な状態でリピーティングに取り組んだので、かなりスムーズにリピーティングできました。

 

とはいえ楽勝だったのかというと、まったくそんなことはありません。

完全に覚えているわけではないから、集中して聴き取って一時的に記憶する努力は依然として必要です。

また、テキストに目を落したまま話すトレーニングに慣れてしまっているので、テキストを見ずに話すというだけで負荷がかかります。

時間的な制約も加わる

CDに合わせて行うトレーニングなので、空白時間内にリピーティングし終える必要があります。

 

本教材では長めの空白時間が確保されているので、早口で話さなくても十分リピーティングできるのですが、時間制限があること自体がプレッシャーになります。

「81文」は適度なボリューム

CDに合わせると、約12分で「81文」のリピーティングが1サイクルできます。

リピーティングをするには長すぎず短すぎず、ちょうどいい長さだと思いました。

 

12分と書くと短いようですが、私は集中力を維持できる時間があまり長くありません。1サイクルが20分とかになるとおそらく集中力が持たないだろうと思います。

リピーティングで効果を上げるコツ

リピーティング前に十分に音読をしておくこと

上で書いたように、例文が頭に入っていても、リピーティングというトレーニングの性質上、それなりの負荷がかかります(集中力、短期記憶力等)。

 

リピーティングを有効なトレーニングにするには、少なくともテキストを見て例文を滑らかに音読できる必要があります。

ある程度暗唱できるレベルまで頭に入っているとなお良いでしょう。

 

例文を頭にしっかり入れて、負荷を十分に低くした状態でリピーティングにのぞむことで、ようやく「ネイティブの発音・イントネーションを聴き取り、真似て話す」という作業に脳の処理リソースを振り分けることができるようになります。

リピーティング自体も快適なトレーニングになります。

 

TOEICでも日常会話でもビジネス英語でも無条件にリピーティング・シャドーイングが推奨される風潮がありますが、いきなり「ネイティブの発音を真似て例文を正確にリピーティング/シャドーイングしろ」というのはそもそもムリな話です。

最初から全部できるなら誰も苦労しないでしょう。

 

最初は、もっとも負荷の低い「テキストを見ながらの音読」がいいでしょう。

テキストを見ながらのリピーティングでもいいですが、あせらずリピーティングできるように、CDは1文ごとに止めるほうがいいかもしれません。

 

負荷を低く、反復回数を多くするのが定石です。

負荷の低いトレーニングを積み上げていくことで、あとの(上級の)トレーニングが効果的かつ快適になっていきます。

適度に「セグメント分け」をして教材ボリュームを調整する

今回の「81文」は1サイクルのリピーティング所要時間が12分なので、1日1サイクルのトレーニングはそんなに苦にならないと思います。

余裕があるなら2サイクル、3サイクルとやればいいでしょう。

 

感覚的には10~15分以内にまとまった単位のトレーニング(今回の例で言えば、「81文のリピーティングを1サイクル」)ができるのが良いのかなと思います。

 

市販フレーズ集などは数百~2000程度の例文を収録しているものが多いと思いますが、全部をベタに学習しようとして挫折する人が多いと思います。

50~100の例文ごとにセグメント分けをして、セグメント単位で音読/暗唱/リピーティングをすると、継続しやすくなるかもしれません。

 

ということで、ふだんやらない「リピーティング」をやってみました。

Simple English / Magic 81を使った暗唱トレーニングはまだまだ続きます。

 

Magic81アイキャッチ
「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド
作者:酒井一郎
メーカー:(有)WENSday
発売日:2007年1月27日初版
公式サイト:https://www.simpleenglish81.com

 

関連キーワード
音読と暗唱の関連記事
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(6)
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(5)
  • 瞬間英作文トレーニング教材内容
    中学英語を実用レベルで完成させたいなら「瞬間英作文」をすべき
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(4)
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / magic 81で実践する暗唱トレーニング(3)
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(2)
おすすめの記事
Native Englishと7+Englishの比較
英会話(スピーキング)
人気の英会話教材Native English(ネイティブイングリッシュ)と、ロングセラー英語教材7+English(セブンプラスイングリッシ...