Simple English Magic 81教材セット

 

現在、私はもっぱら瞬間英作文(瞬間英作文)トレーニングに集中しています。

前回の記事「Simple English / Magic 81で実践する瞬間英作文トレーニング」で書いたように、森沢洋介氏の「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」と並行して、スピーキング教材「Simple English / Magic 81」を使った瞬間英作文トレーニングもやっていこうと思っています。

Magic81アイキャッチ
「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド
・作者:酒井一郎
・メーカー:(有)WENSday
・発売日:2007年1月27日初版
・公式サイト:https://www.simpleenglish81.com
 「81文 公開」等で検索して訪問された方へ:
「81文」はこの記事でも当サイトの他の記事でも公開していません。
また「1772語」はそもそも教材購入者にも開示されてないのでむろん当サイトで公開していません。

関連記事:

Simple English / Magic 81のレビュー

7+EnglishとSimple English / Magic 81の比較

この「Simple English / Magic 81」について私が思うところは、以下の通り。

  • 本教材は巷にあふれる「頻出フレーズ集」とは異なり、基本の動詞・前置詞を駆使する表現スキル文法要素とを学べる点で優れている。
  • なので教材中の例文を使って瞬間英作文トレーニングをしたい。
  • しかし、教材テキストは日本文と英文が混在したレイアウトなので瞬間英作文トレーニングがやりにくい...下の画像参照。
  • よってなんらかの工夫が必要。

Simple English Magic 81のテキストレイアウト

というわけで、教材掲載の例文をもとに瞬間英作文トレーニング用の教材を自作することにしました。

コンパクト、シンプルな瞬間英作文トレーニング用例文集を自作。

教材テキストから例文(英・日)のみを抜粋し、A6版(A4の1/4)のポケットサイズの例文集を自作しました。

B5の教材テキストと並べると下の画像のようなサイズ感。

Magic81自作例文集

教材テキストから抜粋した例文を自作例文集に写す際、日本文・英文を左右のページに分離して配置しています。(森沢洋介氏の「瞬間英作文」と同じレイアウトです。)

Magic81自作例文集の紙面

自作例文集は下の画像のようにスッキリとしたレイアウトになりました。

Magic81自作例文集紙面

この自作例文集を使えば、瞬間英作文トレーニングがやりやすくなるはず。

瞬間英作文トレーニングの基本的な手順は以下のようになります。

瞬間英作文トレーニングの手順

1.教材付属テキストを読んで内容を理解する。
2.必要に応じて、教材CDを聞いて発音を確認する。
3.自作例文集の左側ページの日本文を見て、英文を作る。
4.自作例文集の右側ページの英文を見て答え合わせ。
5.英文を作れなかったらすぐ解答(右側ページの英文)を見て、解答の英文を数回音読する。※3~5は一つの例文ごとに行う。
6.教材のすべての例文について1~5が終わったらまた最初の例文に戻って同じことを行う(サイクル回し)。

ちなみに、今回は教材テキストに掲載されているのと同じ順に例文を配置しているのですが、欲を言えば例文をシャッフルしてランダムな順で出てくるようにしたかったなぁと思います。

シャッフルトレーニングのほうが応用力がつくと思うので・・・。

教材に手を加えると、いろいろとやりたいことが出てきてしまいますね。

とにかく、Simple English / Magic 81を使って瞬間英作文トレーニングをするための準備ができました。

瞬間英作文トレーニングを何サイクルやるのか?等は次回以降、書いていきます。

Magic81アイキャッチ
「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド
・作者:酒井一郎
・メーカー:(有)WENSday
・発売日:2007年1月27日初版
・公式サイト:https://www.simpleenglish81.com

 

おすすめの記事