瞬間英作文トレーニング教材内容
現在私は、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を実践しています。

 

関連記事:

・「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のレビュー

・「暗唱」を始めました

 

森沢洋介氏の教材を使った「瞬間英作文トレーニング」は、第1~第3の3つのステージから構成されていて、各ステージはざっくり次のような内容になります。

 

  • 第1ステージ:与えられた文法項目ごとに英作文の練習をする。文法項目一つ一つを習得する基礎固めのステージ。単語は、ばかばかしいほど簡単な単語のみに制限する。
  • 第2ステージ:さまざまな文法項目がランダムに現れる。必要な構文(文型)を素早く選んで文を構成する応用のステージ。単語の制限は第1ステージ同様。
  • 第3ステージ:第1、第2ステージで設けられていた語彙・表現についての制限を取り払い、あらゆる文を素材として英作文をする発展のステージ。

 

私が取り組んでいる「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」は、上記の第1ステージ教材と位置づけられています。

暗記しようと思わなくても暗記してしまう?

本書は、さらにPart1~Part3に分かれており、それぞれ以下のようになっています。

 

  • Part1:中学1年レベル、文法項目数 23、例文数 230
  • Part2:中学2年レベル、文法項目数 34、例文数 340
  • Part3:中学3年レベル、文法項目数 22、例文数 220

 

本書全体で790例文を練習することになります。

現時点で私はPart1を10サイクルし、いちおう完了したことにしてPart2に取り組んでいます。

 

ここまでやって感じたこととして、10回程度サイクルを回すと、例文を覚えてしまうということです。

 

瞬間英作文トレーニングは、日本文を見てその場で英文を組み立てるトレーニングであって、覚えているものを記憶から引き出すトレーニングではありません。

しかし、覚えようとしなくても覚えてしまうのです。これはちょっと予想外でした。

 

このことの喜ばしい側面としてはもちろん、「暗記」は自分が思っているよりもカンタンなことなのかもしれない、ということです。

 

一方、ちょっとどうだろうな、と思うのは、「脳は、ラクなほうを選んでいるのではないか?」という気がしていることです。

例えば、短い文なら、毎回「作る」よりも「丸暗記したものを再度読み出す」ほうが負荷が少ないから、まるっと覚えてしまう、とか、そういうメカニズムが働いているのではないかと。

 

このままトレーニングをつづけていったときに、この「脳がラクな道を選んだせいで起こる暗記(?)」が、英会話力の向上にどう影響するのか、現時点ではわかりません。

 

が、第2ステージ以降の応用トレーニングの中でしっかりと「英文を作る力」が養成されると期待して、あまり気にせずこのままトレーニングを続けていきます。

関連キーワード
音読と暗唱の関連記事
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(6)
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(5)
  • 瞬間英作文トレーニング教材内容
    中学英語を実用レベルで完成させたいなら「瞬間英作文」をすべき
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(4)
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / magic 81で実践する暗唱トレーニング(3)
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(2)
おすすめの記事
劇的な効果の出る英会話学習法
教材の選び方
英語で何かを言おうとしても、最初の単語が出てこなくて、悔しい思いをした経験が誰でもあると思います。お手本の英文を見ると、文法も単語も自分が知...
英語ぺらぺら君中級編とHapa英会話の比較
英会話(スピーキング)
米大統領元通訳監修の英会話教材「英語ぺらぺら君中級編」と、ロサンゼルスの超人気英会話学校のメソッドを元にしたトラベル英会話教材「Hapa英会...