• 音読と暗唱
    音読でTOEIC970点に到達した話
    2018年7月21日
  • 音読と暗唱
    【音読でTOEIC970】リスニング満点取れた教材2冊。
    2018年7月27日
  • プライムイングリッシュのアイキャッチ 英会話(スピーキング)
    「プライムイングリッシュ」のレビュー
    2017年11月19日
  • 英会話(スピーキング)
    7+EnglishとSimple English/Magic 81の比較
    2016年3月25日
  • アイキャッチ990点 音読と暗唱
    【音読でTOEIC990】990点到達に役立った教材20個まとめ。
    2019年2月12日
  • イングリッシュクイックマスターのCD 英会話(スピーキング)
    イングリッシュクイックマスター英会話advancedのレビュー
    2017年12月20日
  • アイキャッチ990点 音読と暗唱
    音読でTOEIC990点に到達した話
    2018年12月19日
  • アイキャッチ990点 音読と暗唱
    【音読でTOEIC990】990点取れた理由
    2019年2月9日

瞬間英作文教材3点

音読に徹することでTOEIC990点に到達できたことについては、これまで書いてきたとおりです。

 

990点取れたし、990点に確実に近づくための学習ノウハウ(「必ず990点取れるノウハウ」ではありません)も自分の中では確立できたので、TOEICからはいったん離れることにしました。

今後は「暗唱」あるのみ

私はこれからはひたすら、暗唱(英文を覚えて、何も見ずに話すこと。広い意味では日本文を英文に直すことも含む)をやっていこうと思います。

 

音読を「卒業」したわけではありません。暗唱のトレーニングの中で必ず音読が入るので、暗唱をやるといっても実際には「音読と暗唱」をやることになります。

まずは英語回路の設置から

ということで私は今、暗唱トレーニングとして「瞬間英作文」をやっています。

 

「瞬間英作文」シリーズは超有名教材で、このブログでもレビュー記事を書いています。

 

・どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

・スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

・ポンポン話すための瞬間英作文パターンプラクティス

 

実は、私はこの「瞬間英作文」シリーズ、みっちりとやったことはなかったのです。

 

TOEICのための音読を始める前に、シャッフルトレーニングの本を2~3周やっていたのですが、このたびTOEICから離れたので、再開することにしました。

中学1年レベルから

「瞬間英作文」メソッドは、スピーキング技能の習得に特化し、緻密に練り上げられたメソッドです。

 

単純に言えば、かんたんな内容の文を日本語から英語に即座に直すトレーニングですが、一般のフレーズ集などとは異なり、以下のような特徴があります。

 

[瞬間英作文メソッドの特徴]

  • 構文使いこなし技術を最優先で習得する(語彙力獲得は後回し)
  • スピードと量を重視する
  • サイクル法による大量反復を前提とする
  • 第1~第3ステージに分け、順にクリアしていく

 

特に重要なのがこの、第1〜第3ステージを順にクリアして進める事です。

ざっくり言えば第1〜第3の各ステージがそれぞれ「基礎」、「応用」、「発展」のような位置付けになっており、これらを順に実践することで、文法項目を抜けもれなく自由自在に扱えるスキルが得られるように構成されています。

 

私もどうせやるなら第1ステージからちゃんとやったほうがいいなぁと思い、第1ステージ(どんどん話すための瞬間英作文トレーニング)の中学1年レベルを現在やっているところです。

本気でやってみれば効果がわかる

「中学1年レベルの英文をたくさん作るなんて、意味あるの?」

という疑問が湧いてきますが、実際まじめにやってみるとその意味がわかります。

 

中1レベルの「動詞の活用」ですら、スピーディーにこなすのは大変です。

つまり、三人称だったら動詞を「三単現」(例:have→has)にするとか、疑問文では原形にするとか、そういった基本中の基本の文法であっても、「理解している」ことと「使える」こととは大違いです。

 

「使える」レベルに達していない人は、動詞の活用を考えるだけで脳の処理能力の大半が費やされてしまうわけです。

「裏で重たいプログラムを回しているせいで処理能力がすっごく低くなっているパソコン」みたいな状態ですね。

 

残ったわずかな処理リソースで単語を選んだり会話の方向性を考えたりすることになるので、とても苦しくなります。

そんな状態では、「ネイティブフレーズ」なんて覚えていても、役に立ちません。

 

逆に言えば、上のような基本の動詞活用などが滑らかに反射的にできるようになれば、覚えたフレーズを使うことはとてもラクになるはずです。

 

という、かなり確かな期待を抱きつつ、瞬間英作文をやっていきます。

関連キーワード
音読と暗唱の関連記事
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / magic 81で実践する暗唱トレーニング(3)
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング(2)
  • Simple English Magic 81教材セット
    Simple English / Magic 81で実践する暗唱トレーニング
  • 瞬間英作文トレーニング教材内容
    英文は「作る」よりも「暗記する」ほうが脳にとってはラクなのかもしれない
  • 中学英語で言いたいことが24時間話せるの外観
    話せるようになる人とならない人の違いとは?
  • 瞬間英作文教材3点
    「暗唱」を始めました
おすすめの記事
Hapa英会話とNative Englishの比較
英会話(スピーキング)
旅行英会話の教材として人気の高い「Hapa英会話」と、2015年発売の高評価教材「Native English」を比較してみました。両方とも...
文法を勉強しなくても英会話は可能?
教材の選び方
 英会話教材のセールス文章では、「文法のことは忘れてください」とか「文法を使わずに英会話をマスターします」などといった文句がうたわれているの...