ホーム » 有名英語教材 » 7+English » 7+EnglishとSimple English/Magic 81の比較

7+EnglishとSimple English/Magic 81の比較


世界的知名度を誇る「七田式」英語教材7+English(セブンプラスイングリッシュ)と、多数の英語学習書籍を出している酒井一郎氏の人気英語教材Simple English / Magic 81を比較してみます。

 

7plusEnglishとmagic81のCD

 

どちらの英語教材も、私が実際に購入して評価しています。

 

教材が気になっている方は本記事をぜひご覧ください。

 

まず二つの英語教材の共通点からみてみましょう。

 

共通点

  • 単発フレーズの反復練習が学習の中心。
  • 特定のシーンでの会話を意識したものではなく、どこでも使える基本フレーズを学ぶ。
  • 発音そのもののトレーニングパートはない。(特典は別として)

 

両教材とも、公式サイトをざっと読む限りではなんとなく「フレーズを覚えれば英会話できるよ・・・」という路線ですが、詳細検討するとコンセプトがまったく異なっています。

 

以下、さまざまな切り口で比較していきます。

 

教材コンセプト、メソッド

まず、それぞれどんなコンセプトの教材か、ざっくりと比較してみます。

 

7+Englishは「頻出フレーズ丸暗記」

7+Englishの教材コンセプトは

日常会話で使う英語フレーズはたかだか60パターンだから、まず丸暗記してしまえ

というものです。

 

主要メソッドは、「高速リスニング」と「記憶術」です。

 

Magic81は「基本単語の使いまわしに徹する」

Magic81は

「難しい単語を使おうとせず、基本の動詞・前置詞をひたすら使いまわすのが英語上達の道。

というコンセプトの英語教材です。

 

単語の表面的な意味をいちいち覚えることをいったんやめて、基本語のさまざまな使い方に共通する根源的な意味を理解することに主眼を置きます。

 

「単語をイメージ・概念で把握する」と言ってもいいかもしれません。

 

特殊なメソッドはなく、例文を通して基本の動詞・前置詞の本質的意味を理解する学習と、音読やリピーティングを通してそれら基本語の用法を文構造ごと覚える学習が中心です。

 

教材対象者、目標レベル

いずれの教材も、特に対象者を限定していません。

 

  • 学校で勉強したのに会話となるとダメな人。
  • カンタンな文すらサッと言えない自覚のある人。
  • 挫折して、英語学習をリスタートしたい人。

 

こんな感じです。

会話内容も、家族や友人・知人と話すときのふつうの日常英会話です。

 

各教材の内容

教材の内容は、それぞれ下の通りです。

 

7+Englishの教材内容

7+Englishを注文すると下の写真のものが送られてきます。

 

7+English教材内容物

 

■7+English 教材内容

テキスト…B5版、3冊

テキスト(1)「利用マニュアル」(27ページ)

テキスト(2)「英文テキスト集600」(123ページ)

テキスト(3)「600フレーズ完全解説」(60ページ)

 

CD…6枚

 

7+Englishのテキスト(1)は教材ノウハウと学習の進め方解説で、最初に一度読めば済む内容です。

 

フレーズ練習にメインで使うのはテキスト(2)の「英文テキスト集600」です。

 

テキスト(3)はテキスト(2)の各センテンスの解説が書かれているので、必要に応じて参照する形で使います。

 

そのほか、特典ダウンロードサイトからたくさんの特典が入手できます。

 

Simple English / Magic81の教材内容

Magic81の教材一式は下の写真です。

 

Simple English/Magic81教材内容物

 

■Simple English/Magic81 教材内容

テキスト…B5版 1冊

 

CD…2枚

 

Magic81は理論(マインドセット、学習ノウハウ)の部分がテキスト半分近くを占めます。

 

実践パートも解説重視で、ワーク/エクササイズなものは相対的に少ないです。

 

またMagic81の特典は、テキスト巻末に収録されています。

 

学習内容

それぞれの英語教材で実際にどんな内容の学習をするか、全部は書けませんが概要を説明します。

 

7+Englishの学習内容

7+Englishは実践パートを非常に重視していて、学習開始前のメソッド解説等は最小限にまとめられています。

この教材でいう「フレーズ」とは、下の例のような定型表現のことです。

 

7+Englishで学ぶフレーズの例

 

I like to ~.(○○するのが好きです)

I want to ~.(○○したいです)

 

こんな感じの頻出会話フレーズ60パターンそれぞれについて10センテンス、計600センテンスを覚えます。

 

自分のことを話したり、相手のことを聞いたりするときのフレーズなので、会話ですぐに使えるのがメリットです。

 

CDの日本文/英文を聞いて英文のリピーティング練習をする「Practice」パートと、日本文を聞いて英文に直す「Check」パートとをこなしてフレーズを覚えていきます。

 

この600センテンスを効率的に、かつ長期的に記憶する「記憶術」の部分がこの教材のメインノウハウです。

 

パッと口をついてフレーズが飛び出るようになるまで、長期的な記憶=深い記憶にフレーズをしみこませるのが教材の目標です。

 

Simple English / Magic 81の学習内容

Magic81では、教材の前半にやることは、テキストのマインドセット論/学習ノウハウを読み、英語学習に対する考え方を変えることです。(従来の考え方を捨てるというほうが近いかも知れません。)

 

「英語学習はもっと楽観的に、シンプルに考えたほうがいいよ」

 

というような内容ですが、単なる精神論ではありません。

著者の豊富な経験やデータを引用してさまざまな側面から説明されていて、説得力があります。

 

後半は実践パートで、重要単語(動詞、前置詞)を、例文とともに学びます。

さまざまな用例やイラストも利用して、単語の持つ本質的な意味を理解し、センテンスの音読を通して、重要単語の使い回し方を身につけます。

 

「単語を使いまわす」とは具体的にどういうことなのか?

 

例えば、次のような文で考えてみましょう。

すぐに英語で言えるでしょうか?

 

1.仕事の面接はどうでしたか?

2.今、その台風は過ぎ去りつつあります。

3.その痛みはまもなく消えるでしょう。

 

「『どうでした』→how? 動詞は何?」

「『過ぎ去る』→pass? leave?」

「『消える』→disappear?」

 

などと考えて、なかなかさっと英語に直せないのではないでしょうか。

 

実は上の1~3すべて、ある同じ動詞で表現できます。

 

「単語を使いまわす」とはこの例で言えば、「どうでした」「過ぎ去る」「消える」という日本語に対応する単語を探すのではなくて、誰でも知っている基本的な単語を使っていこう、ということです。

 

81文をよ~く見ると、意味はすぐに理解できる英文なのですが、日本語から英語に直そうとすると妙に難しい(変な単語を探してしまう)ような文ばかり集められています。この「英語に直そうとするとやたら難しい文」を基本的な単語で言えるようになることがこの教材の主眼です。

 

教材の第10章では、学習した単語・表現を活用して会話する「Q&Aで実感を持ってトレーニング」が収録されています。基本の単語や構文だけで自分のことを話したり相手のことを尋ねたりする、インタビューのような会話例です。

 

このQ&A会話例をしっかり読めば、「基本の単語と5文型でいくらでも会話を続けられるんだな」ということがわかります。

 

そして第11章でようやく、「英語脳を作る最重要例文81」として、基本動詞/前置詞を使った81個の例文が示されています。

 

教材の使いやすさ、クオリティ

ここでは教材のテキストやCDの使いやすさ、商品としてのクオリティ等を比較します。

 

テキストの比較

まず教材テキストを比較してみましょう。

 

7+Englishのテキストは実践重視。地味。

7+Englishのテキストは製本にお金をかけている感じできれいです(あまり教材の実践には影響しません)。

必要な部分だけを参照しながら学習できるよう、テキストを目的別に3部構成にしているのは良い点だと思います。

 

次の写真はフレーズ練習用の「英文テキスト集600」。

イラストなどはなく、シンプルでストイックです。

 

一見、何のしかけもないようですが、ポイントは

 

  • 日本文と英文とが分離されている
  • 日本語→英語の順で書かれている

 

という点です。実はここはすごく重要で、日本語を英語に直す練習をするときに日本文と一緒に英文が書かれていると、どうしても英文を見てしまってスピーキング習得の妨げになります。その意味でこのテキストはとても実践を重視したレイアウトといえるでしょう。

 

7+English英文テキスト集600の紙面

 

そして、下の写真はフレーズ理解用のテキスト「600フレーズ完全解説」。

 

各フレーズの単語・意味など詳細に説明されており、辞書や別の教材を用意する必要がありません。

このあたりの抜かりのなさも7+Englishの素晴らしい点です。

 

7+English600フレーズ完全解説テキスト紙面

 

Simple English / Magic 81のテキストはイラストも使って親切に解説。

Magic81は、理論部分と実践部分が一冊にまとめられているので、テキストページ数が多くなっています。

 

理論部分はマインドセット的な内容であり、最初に一度読めば済みます。

 

この部分を切り離して別冊子にしてメインテキストを軽くすれば、持ち運びがしやすくなるのに・・・とも思いますが、まあ、それほど分厚いテキストではありません。

 

実践部分は、動詞や前置詞の持つ意味をイメージで理解しやすいように、イラストで説明している箇所もあるので、繰り返し読めば視覚的イメージとの相乗効果で深く理解できるでしょう。

 

下の写真がMagic81のテキストです。すっきりとしているのは良いですね。

 

Simple English / Magic81のテキスト紙面

 

CDの比較

どちらの教材もCDがついているので比較してみます。

 

7+EnglishのCD:記憶術の重要要素。ノウハウが込められている。

7+Englishは、高速音声(ネイティブ速度よりも高速になるよう加工された音声)がフレーズ記憶ノウハウの一部として採り入れられています。

 

英語音声だけでなく日本語音声も高速になっていることから察するに、高速にすることでリスニング力に直接効果をもたらそうというのではなく、「脳を活性化させる」とか、そういう作用を意図しているのかもしれません。

 

脱線しましたが、高速音声なので、リスニング初心者はテキストを見てセンテンスを確認しながら練習する必要があるでしょう。

 

7+Englishの良い点の一つは、CDプレーヤーの操作が最小限で済むようにCDが構成されている点です。

面倒なプレーヤー操作をせずフレーズ練習に集中できます。

 

最短でも60日学習する教材なので、使い勝手の良さはきわめてポイントが高いです。

 

Simple English / Magic 81のCD:あまり特徴がないのでかえって聞きやすい

Magic81は7+Englishとは異なり、音声面でのメソッドを採り入れていません。したがって音声をいじっていないので聞き取りやすいです(要するに「普通」ということですが)。

 

単に発音を確認するためのCDになってしまっていますが、リピーティング練習がしやすいように英文音声の後に空白時間を入れるという最低限のラインを守っているのは評価できます。

 

言うまでもなく英語音声はネイティブ話者が担当しています。

 

学習の実践について

学習への取り組みやすさ、続けやすさ、サポートなど教材の学習を実践するときのポイントを比較してみます。

 

7+Englishは単調な学習だが効果が見えやすい

7+Englishは単発フレーズなので、どういう場面の会話なのかイメージしにくい(ときもある)面があり、単調な学習になりがちという面はあります。

 

しかし話す練習をしっかりとやって、文を作っていくリズムが自分の中にできてくると、同じフレーズの骨組みの中に単語だけを入れかえてポンポンと発するのが楽しいと感じるようになってくるでしょう。

 

フレーズを覚えたかどうか確認する「Check」パートが各レッスンに組み込まれているので、常に効果確認しながら進めることができます。効果が見えてくればモチベーションも上がるし習得ペースも加速します。

 

7+Englishはサポート体制が充実。

7+Englishのサポート内容は下のように充実しています。

 

  • メール相談は教材購入後3年間有効。
  • テキスト/CDは無期限保証。
  • 全額返金保証付き(購入後60日~100日の期間)。

 

7+Englishは他のどの英会話教材にも劣らない充実ぶりです。

 

Simple English / Magic 81は取り組みやすいが効果確認の手段が課題

Magic81は実践部分の量が少なく、実践内容も「音読するだけ」なので簡単ですが、応用のレッスンがありません。

 

普段から英語をしゃべる機会のある人なら、本教材学習後スムーズに会話しやすくなったと感じたとき「効果があった」とわかりますが、そうでない人は、学習効果を確認するための方法を考える必要があります。

 

ということで、学習実践はできるが、やりっぱなし・・・になるかもしれません。81文を覚えてナンボの教材ですから、覚えたかどうかを確認するパートがあってほしいですね。

 

また、81文については、自分のことを話したり相手のことをたずねたりする文が少なく、第3者(トムとかメアリー)についての文が多いので、「英会話をしている」という感じが薄い気がします。

 

ただ、上述の「Q&Aで実感を持ってトレーニング」は、「私」「あなた」についての会話例なので、自分のことに置き換えて練習してみると役に立ちそうです(海外で自己紹介するときなど)。

 

Magic81のサポートは期間短め

Simple English / Magic81はメールサポート特典があります。

 

  • 購入後1年以内
  • 最初の質問メールから30日間有効

 

7+Englishや他のサポートつき教材と比べると、Magic81は有効期間が短めです。

 

まとめ。7+Englishがおすすめ。

さて、長くなりましたがまとめに入りたいと思います。

 

Magic81は理論と実践のバランスが少し残念

Simple English/Magic 81の感想としては、基本動詞の使い回しスキル習得が大切!という教材コンセプトは正しいと思いますが、理論パートがそれをサポートできていないようにと思います。

 

マインドセット部分の解説が長いわりに本題の基本動詞・前置詞については解説があっさりしていて、学習者の想像力に頼っている感じです。実践部分もボリューム不足な印象。

 

特に、

 

「なぜ81文を覚えると、英語を話せるようになるのか?」

 

を解説することに、もっとページを割いてほしいと思いました。

 

(突き詰めていくと日本語と英語の構造の違いとか深い話になるので、まとめ方が難しいことは想像できますが。)

 

7+Englishは看板に偽りなしのフレーズ記憶特化教材。おすすめです。

一方、7+Englishでは、理論パートは記憶術のバックグラウンドをサラッと解説する程度で、すぐに実践(フレーズ学習)に入る内容になっています。

 

実践パートはこれまで書いてきたとおり、記憶術をフレーズ練習に落とし込んだスグレモノになっています。

 

また、学習者がトレーニングに専念できるようさまざまな配慮がされていることに加え、充実したサポートや教材本編の効果を高める特典など、トータルでとても満足度の高い英語教材になっています。

 

当ブログの考え方は「アウトプット重視」なので、「7+English」をおすすめします。

 

「7+English」で繰り返しアウトプット練習をしていくうちに、フレーズを覚えようとしなくても覚えてしまい、英語が自然と口をついて出てくるようになるでしょう。

 

>【7+English】公式サイトへ<

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ英語教材
初級者用おすすめ英語教材
中・上級者用おすすめ英語教材
管理人プロフィール

管理人:
ひろし(TOEIC970点)

TOEIC970

⇒プロフィール詳細

おすすめ教材ランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
教材に関する相談を受け付けます。

「ブログで紹介されている英語教材に興味があるが、購入するかどうか迷っている」「教材の中身についてもう少し教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら