ホーム » 目的別教材 » 英会話(スピーキング) » 英語ぺらぺら君初級編と中級編の比較

英語ぺらぺら君初級編と中級編の比較


こんにちは。

 

本記事では、英会話教材「英語ぺらぺら君」の初級編と中級編を比較してみたいと思います。

 

こうして写真を見るとCDの枚数以外は同じのように見えますが、内容もちゃんと異なっています。

 

では比較をしていきましょう。

 

初級編と中級編の共通点

まず、英語ぺらぺら君初級編/中級編の共通点を説明していきます。

 

目的はスピーキング強化

どちらも、スピーキング力に特化した英語教材です。

特に、質問されたとき瞬間的に答えられる「反応力」、「瞬発力」をきたえることに重点を置きます。

 

徹底した「クエッショニング」

上に書いたような英会話における「反応力」、「瞬発力」をつけるために、常に質問を受けてそれに即座に答える「クエッショニング」というメソッドで学習します。

 

質問に答えるといっても、答える内容を自分で考えるのではなく、決まっていることをサッと引き出してアウトプットする練習なので、悩んで答えられないということはありません。

アップテンポ気味の英会話教材なので最初は難しいかもしれませんが、反復しているうちに英文を覚えて答えられるようになります。

 

テキストは使用せずCDのみで学習

どちらの英会話教材も、テキストは極力見ずに、集中してCDを聴いて質問に答えることが推奨されています。

ただし、単語の確認等に使うことを考えて、CDに収録された会話の台本は用意されています。

 

ストーリー物が学習題材

どちらの英会話教材も、日本人のタカシ君とアメリカ人女性エミリーのストーリーを題材としています。

親しい(上下関係のない)者同士の日常会話フレーズ習得をターゲットにしています。

ビジネス要素はほとんどありません。

 

英文のパターンの共通性を意識した派生練習

どちらの英会話教材においても、文の一部を少しずつ変えることでいろいろな状況を表現する派生練習をします。

例えば、現在形から過去形に変える、平叙文から疑問文に変える等です。

 

文全体の骨格をそのままにして一部だけ変える練習をすることで、英作文の負荷を減らし、そのぶんスピード強化に特化できるメリットがあります。

 

返金保証あり

どちらの英会話教材も、効果が感じられなかった場合、購入日から365日以内であれば全額返金してもらます。

また、いずれも学習についてのメールや電話でのサポートは提供されていません。

 

教材概要の比較

まず、それぞれの英会話教材の内容物を比較しましょう。

 

英語ぺらぺら君初級編の教材概要

 

■初級編テキスト

A4版、16ページ。

テキストに書かれているのは「英語ぺらぺら君台本」のみです(他には「特典の請求方法」、「開発者からのご挨拶」だけ)。

単語やフレーズについてはすべてCDナレーションの中で解説されています。

 

■初級編CD

8枚。

31レッスンが収録されています。

レッスン時間:平均約19分、最小13分、最大22分。

 

■初級編特典

CDの音声のMP3ファイル及びテキストのPDFファイルのほか、「小谷啓の人生のマネージメント講座」等、教材と直接関係のない特典が8つ提供されます。

 

■初級編の教材価格

9,800円+送料2,000円。(2017年10月現在)

 

英語ぺらぺら君中級編の教材概要

 

■中級編テキスト

A4版、16ページ。

「英語ぺらぺら君台本」が中級編の内容になっていること以外は、初級編と同じです。

 

■中級編CD

16枚。

15枚に教材本編の30レッスンが収録されています。

レッスン時間:平均30分、最小24分、最大38分。

初級編よりも平均レッスン時間が10分ほど長いです。

ちなみにCD16枚目は特典「レッスンボーナス」。

 

■中級編特典

初級編と同じくCDの音声のMP3ファイル及びテキストのPDFファイルのほか、「よく使うネイティブフレーズ50」等、教材と直接関係のない特典が7つ提供されます。

 

■中級編の教材価格

21,800円+送料2,000円。(2017年10月現在)

 

学習内容の比較

ここでは実際の学習内容について比較をしていきます。

英会話内容について

どちらの教材も、タカシ君とエミリーの間の会話なのですが、中級編では、さらにエミリーの友人のサラが登場します。

初級編の会話内容の例

  • あいさつ、自己紹介
  • 買物、食事
  • 交通(航空、タクシー、道案内)
  • 電話

中級編の会話内容の例

  • 他人を他人に紹介する
  • レストランで注文
  • 自分の家族のこと
  • アパートの貸主のこと
  • 職を得た経緯
  • 仕事を選んだ理由
  • 父親の職業観
  • 幼なじみと自分の間柄について他人に話す

初級編ではあいさつ、注文などわりと表面的な会話が中心ですが、中級編では仕事や家族に対する自分の考え方を説明したり、他人に対するポジティブ/ネガティブな感情を表現したりと、より深く「語る」会話になっています。

 

使われる構文・フレーズの種類

初級編では、5~8語程度の短めの文がほとんどです。後半では一部、完了形やthat節を伴う文なども出てきます。

初級編の構文・フレーズの例

  • I am ~. / Are you ~?(○○は~です)
  • I have ~. / Do you have ~?(~を持っています)
  • I will / won't ~.(~するつもりです)
  • Can you / Can I / May I ~?(~してもいいですか)
  • I want to / need to / would like ~ .(~したいです)
  • What / When / Which / do you ~?(何/どこ/いつ~しますか)
  • How much / How long ~?(いくら/何時間かかりますか)
  • That sounds ~.(~のように聞こえます)

 

初級編の会話例

Takashi: I went to the Empire State Building and Chinatown.

Emily: Chinatown! It's very crowded. Why did you go there?

Takashi: I went there to get some souvenirs. I heard everything is inexpensive there.

 

一方、中級編では、初級編と比べて構文も完了形、仮定法、節をとる構文など、複雑なものが多くなっています。

中級編の構文・フレーズの例

  • Let me ~.(~させてください)
  • I think (that) ○○ is ~.(○○が~だと思います)
  • I hope you enjoy ~.(~するといいですね)
  • Is there anything I can ~?(私が~できる事がありますか?)
  • I have been ~.(ずっと~している)
  • A is B because ~.(~なので、~である)
  • I could never have ~ed.(もし~だったら~できなかっただろう)
  • ~ too ~ to ~.(~過ぎて~できない)
  • I wish I had ~(~だったらなぁ).
  • That's why ~.(それが~である理由です)

 

中級編の会話例

Takashi: How come you became a jewelry designer?
Emily: Well, that's a long story. My family has been running a small jewelry store for 60 years, but I never thought I'd be part of the family business.
Takashi: Then, why did you change your mind?

How come ~?のような、いかにも英会話的なフレーズがしっかり詰め込まれています。

 

中級編は復習とパターンプラクティスが多め

どちらの教材も、レッスンの基本的な流れは同じです。

1.そのレッスンの会話を通して聞く

2.会話の和訳を通して聞く

3.英文一つ一つを詳細に練習する(単語や発音の解説が随時入る)

4.当日の復習(日本文を聞いて英文を答える&派生練習)

5.会話練習(英文に英文で答える)

6.会話をもう一度通して聞く

中級編では、上記3.に入る前に、前日までに出てきた英文の復習が入ります。

ここでは日本文を聴いて即座に英文に直して答えます。

この復習量がけっこう多いです。

 

また、レッスン時間の後半1/3ぐらいは当日のレッスンに出てきた英文の復習なのですが、中級編ではここで、会話に出てきた英文を使って、少しずつ変化させていく派生練習(パターンプラクティス)を多く行います。

 

中級編ではこれらの「前日までの復習」と「当日の英文の派生練習」が多めに設けられており、初級編よりレッスン時間が長くなっています。

中級編では初級編よりもランダム度が高く、より高い反射能力が求められるということです。

 

英語ぺらぺら君初級編と中級編の比較 まとめ

英会話教材「英語ぺらぺら君」初級編と中級編について比較してきました。

 

中級編は、初級編と単に場面が変わっただけの「続編」ではありません。

初級編よりも高度な英文を多く学べる構成になっているとともに、「英語ぺらぺら君」の特徴が強調されているため、英会話における「反射神経」をより効果的に向上させることができます。

 

※中級編のほうが「単語や熟語を多く覚えられる教材」ということではありません。初級、中級ともに語彙力アップ目的の英語教材ではないことに留意ください。

 

「とにかくまず英語で答えられるようになりたい」「長いレッスンが苦手」という方は、初級編を選ぶのも良いと思います。

 

>英語ぺらぺら君初級編 公式サイトへ<

 

一方、「どうせならもう少し進んだ内容も学べるほうがいい」「30分程度のレッスンでも平気」という方には、中級編をおすすめします。

 

中級編にはブログ特典があります

当ブログから英語ぺらぺら君中級編を購入された方には、オリジナル特典をご提供いたします。

■オリジナル特典 「英語ぺらぺら君中級編 フレーズ解説」

英語ぺらぺら君中級編はスピーキング訓練を重視し、CDのみで学習できることが特長ですが、その反面テキストには台本しか記載されておらず、またCDでもあまり解説に時間が割り当てられていません。

「会話の練習が出来るのはいいけど、英文を理解できるだろうか」

と不安に感じる方もいるかも知れません。

 

そこで当ブログでは、独自特典として「英語ぺらぺら君中級編 フレーズ解説」を用意しました。

 

・pdf形式ファイル、50ページ。

・全30レッスンをカバー。

・レッスンごとに、台本全体と、ポイントとなるフレーズの日本語訳、解説を記載。

・重要な単語、用例、文法など含めて、分かりやすく解説しています。

 

perachutokuten01

 

英語ぺらぺら君中級編には、英会話における重要フレーズが凝縮されています。

この「フレーズ解説」は、それらを最大限に吸収出来るようにていねいに解説いたしました。

「フレーズ解説」を併用して学習に取り組んでいただくことで、英語ぺらぺら君中級編の学習ポイントをいっそう深く理解し、応用力に富んだスキルを習得していただけます。

 

特典請求方法

上記特典付きで「英語ぺらぺら君中級編」を購入するには、以下のステップでお願いいたします。

 

■STEP1

下のリンクから公式サイトへアクセスしてください。

 

>英語ぺらぺら君中級編(特典付き)公式サイトへ<

 

■STEP2

公式サイトで申し込みボタンを押して、「ご購入画面」へ進んでください。

 

■STEP3

「ご購入画面」で、下図のように「紹介者からの特典」が表示されていることを確認して決済を完了してください。

 

perachu_konyugamen

 

■STEP4

決済完了後、インフォトップマイページにログインし、特典をダウンロードしてください。

 

 

>英語ぺらぺら君中級編(特典付き)公式サイトへ<

 

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ英語教材
初級者用おすすめ英語教材
中・上級者用おすすめ英語教材
管理人プロフィール

管理人:
ひろし(TOEIC970点)

TOEIC970

⇒プロフィール詳細

おすすめ教材ランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
教材に関する相談を受け付けます。

「ブログで紹介されている英語教材に興味があるが、購入するかどうか迷っている」「教材の中身についてもう少し教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら