Hapa英会話の詳細レビュー

info04_photo02

英語教材レビューブログ-英語ッシュ運営者ひろしです。

 

この記事では、旅行英会話教材として人気の高い「Hapa英会話」の教材レビューを書いています。

実際に教材を購入し使ってみた感想、評価を書いていますので、教材購入を検討している方は参考にしてみてください。

 

Hapa英会話 教材の概要

HAPA英会話の教材はヤマト宅急便で送られてきます。

特典もダウンロードではなく冊子とCDで提供されるので、内容物全体のボリュームが多いのですが、箱は意外とコンパクトです。(約32×24×9cm)

 

IMG_2370_02

 

配達日を指定したかったのですが、注文時の入力フォームに配達日指定欄がありませんでした。

そこで私の場合は注文直後販、販売元へ配達希望日時をメールで送るとしっかり対応してくれ、希望通りに送ってもらえました。

 

教材本編はCD12枚、DVD1枚、テキスト1冊。

特典はCD6枚、テキスト1冊。

全部でかなりのボリュームになります。

CD枚数は多いですが、6枚ずつのケースに入っているのでコンパクトになっています。

IMG_2385_02

 

Hapa英会話のテキスト

B5サイズ、モノクロ、170ページ。

 

Hapa英会話は、基本的にはテキストに沿ってレッスンをしていきます。

テキストを見ながらCDを聴き、さらにしゃべって学ぶ教材です。

 

「英語ぺらぺら君」とは違い、「○○と言ってみましょう」のようなナレーションはないので、最初のうちはしっかりテキストを見ないと、何の練習をしているかわからなくなります。

何度か繰り返すと、テキスト無しでも練習できるようになるでしょう。

 

ただしHapa英会話では、しゃべる練習は不可欠です。

自宅など声を出せる環境で学習するのがベストでしょう。

 

聞き流しているだけでは、教材の価値がほとんど発揮されません。

テキストにあるフレーズを、CDをまねて音読する、そして日本語文を英語に直してしゃべる練習を繰り返しすることで英会話力をつけていく教材です。

 

テキストはモノクロですが、体裁は整っていて見やすいです。

丸みのあるフォントで書かれており、親しみやすい印象です。

 

IMG_2397_02

 

また教材の案内役としてオリジナルキャラクター“ハパニャン”と“ダルマン”が登場します。

テキスト随所に挿絵が入っていて、楽しい教材となっています。

(※キャラクターを軸としたストーリー形式になっているわけではありません。)

 

テキストの情報量は非常に多いです。

練習する題材の会話・フレーズのほかに、「useful knowledge」「知ってお得!」「Hot Spot」などのコーナーがあり、単語や表現にとどまらずアメリカの文化・習慣、カリフォルニアで有名な店などについても解説されています。

 

Hapa英会話のCD

「English-Japanese」(和文つき)のCD6枚と、「English Only」(英語のみ)のCD6枚が用意されています。

CDの内容は同じで、以下の内容です。

 

CD1:カフェ、ファストフード、道案内 (約55分;「English-Japanese」CDの収録時間)

CD2:ショッピング (約44分)

CD3:ホテル (約61分)

CD4:レストラン (約78分)

CD5:「砕けた英語」「カタカナ英語」「返事はYes or No?」 (約19分)

CD6:「これだけは覚えておきたい!旅行英会話100フレーズ」 (約32分)

 

CD1~4までがHapa英会話のメインです。これらは同じパターンのレッスンでシチュエーションが異なるだけです。

それぞれ独立しているので、どのCDからレッスンを始めても大丈夫です。

 

CD5、6はオマケ的な位置づけです。

CD1~4までの内容と直接の関連性はないので、CD1~4と平行して学習できます。

ただし教材のメイン部分であるCD1~4のほうが学習優先度は高いです。

 

「English-Japanese」と「English Only」2種類のCDがある理由は、テキストに次のように書かれています。

 

「通勤中などに聞き流して学習するのは、English-JapaneseのCDを使ってください。

『日本語から英語』の順で英語が流れるので、日本語が流れたら、その後に流れる英語を予測しながら聞くようにしてください。

家など、声に出して学習できる時は、English OnlyのCDを使って、あなたが話す部分のみ声に出し、ロールプレイ学習をしてみて下さい。」

 

2種類のCDがあることについての感想は、後のほうで書きます。

 

英語音声は、3~4人のネイティブが参加して製作されています。

発音はクセがなく聞き取りやすいアメリカ英語です。

ただし初心者のためにゆっくりしゃべったりしている訳ではなく、むしろけっこう速いほうだと思います。

 

■CD2が種類あることについて

私が実際に教材を使ってみたところ、English OnlyのCDを使うメリットは、和文読み上げの時間がない分、時間が節約できることぐらいだと思います。

 

その場合テキストは必須です。

テキスト無しでEnglish OnlyのCDを聴いていると、ちょっと油断したスキに何の練習をするパートなのかわからなくなりがちだと感じました。

教材に書いてあるとおり、テキストを見ることができないときは、English-JapaneseのCDのほうが学習しやすいです。

 

だいぶ練習を重ねて、リスニング力がアップしているかどうか試したいときにはEnglish OnlyのCDが適しているかもしれません。

要は学習者の好きなように使えば良いということです。

 

Hapa英会話のDVD

レッスンでのリアルな英会話の様子を収録したDVDです。

 

DVDでの会話は、各レッスンの「Live Conversation」パートに収録されているものと同じです。

 

DVDをパソコンに入れると下のようなメニュー画面からカフェ、レストランなどの場面を選択して再生することができます。

 

hapa002_02

 

会話風景は映画のようなきれいな映像ではなく、家庭で撮影したビデオ程度のクオリティですが、わざとらしくないリアルな英会話の様子を視聴できます。

 

字幕は日本語・英語を選択できます。

 

hapa007_02

 

Hapa英会話の特典

Hapa英会話の特典は、ダウンロードではなく、特典専用のCDとテキストが教材と一緒に送られてきます。

 

CDのパッケージも本編と同じ外見なので、なぜこんなに教材多いの?と最初、勘違いしてしまいました。

 

内容は教材本編と同じパターンのレッスンで、「飛行機」「空港」・・・「スターバックス」での会話を学習する教材です。

教材本編の「おかわり」という感じです。

 

特典も教材として同じ構成なら、どうして本編の一部としないのか謎ですが・・・わけのわからない特典がついてくるよりも、はるかに良いと思います。

 

Hapa英会話 教材の詳細

教材の目標

現地のレストラン、ホテルなど旅行中に英会話が必要になる場面で困らないレベルの会話力をつけること。

 

教材のコンセプト

「日常英会話では、聞いたり、話したりする場面が限られているので、会話の流れをつかみながら日本語を英語に言い換える練習をするだけで、日常英会話ができるようになります。」公式サイトより。

 

教材のポイント

1.英会話する場面はカフェ、ファーストフード、道案内、レストラン、ショッピング、ホテルに限定する。

2.「店員(あるいはスタッフ、地元の人)と旅行客の会話」に限定して練習する。ネイティブとざっくばらんな会話や世間話をする練習ではなく、店員と客の間のお決まりの会話に徹する。

3.ロールプレイ式のレッスンで、客としての役割のみを演じる訓練に徹する。

4.自分が話すフレーズは、日本語→英語の方向で話せるように練習する。

5.英会話は難しく考える必要はない。また細かいことをいちいち覚える必要もない。そこでたくさんの会話例やDVDを使って、会話のおおまかな流れを感じ取ることに重点を置く。

 

要するに、「自分の口から発する可能性のあるフレーズだけを徹底練習し、それ以外はサラッと勉強して、効率よく旅行英会話をマスターしましょう」という教材です。

 

学習内容

CD1~4の各レッスンは次のような構成になっています。

  • Introduction
  • Variation
  • Useful knowledge
  • Dialog
  • 知ってお得
  • Review
  • Live conversation

 

順に内容を説明していきます。

 

Introduction

基本的な会話を聞いて、会話の流れをつかむパートです。

 

店員が何を聞いてくるのか、それにどう答えればいいかを把握します。

例えばカフェで注文をする場合、だいたい次のような会話になります。

 

(店員)挨拶

(客)注文をする

(店員)ホットかアイスを聞いてくる

(客)ホットかアイスを伝える

(店員)ドリンクのサイズを聞いてくる

(客)サイズを伝える

(店員)砂糖の有無を聞いてくる…

 

1~2パターンの会話フレーズ例が書かれていますので、それを聞いて、「カフェではこんな感じのやりとりをするんだなー」と把握するパートです。

 

また会話以外についても、アメリカでの文化、習慣に関連して気をつけることが解説されています。

例えばカフェでは名前を聞かれることがあるので○○したほうがいい・・・など。

 

Variation

会話の中で入れ替えて使える単語、フレーズが紹介されています。

イントロパートで使われたフレーズ例以外に、よくある質問や返答の例を学ぶパートです。

 

自分のいいたい単語に置き換えて練習することができます。

 

Useful knowledge

知っておくと便利で役立つ単語、表現、知識が解説されています。

単語の読み方もCDに収録されているので発音の勉強もできます。

 

カフェのレッスンでは、一般カフェとスターバックスでの用語の違いなども解説されているなど、具体的で実戦向きなのが特徴です。

 

Dialog

IntroductionやVariationで学んだフレーズを活用して、会話の始まりから終わりまで一連のやりとりを読んで/聴いて練習するパートです。

 

通勤中など声を出しづらい環境では、「English-Japanese」のCDを使って、日本文を聞いて英語を予測する練習をします。

自宅など声を出せるところでは、「English Only」のCDを使って、自分が話すパートを声に出してロールプレイ学習をすることが推奨されています。

 

知ってお得

参考になる知識が解説されています。

 

といっても、どうでもいい雑学ではなく、たとえば

「カフェで注文するときに○○するとスムーズに注文できる」

「ファストフードで注文するとき、日本語で『セット』は英語では『○○○』と言う」

「Street、Boulevard、Avenue、Roadの違い」

など、日本人があまり理解していない事柄について説明されており、実用的な内容です。

 

Review

復習パートです。

「お店の人が話すフレーズを聞き取り、理解できるか」、および「自分が言いたいことを英語で言えるか」を確認するパートです。

 

紙を自分で用意して、テキストの一部を隠した状態でCDを聞き、店員のセリフの聞き取りと自分のセリフの発言ができるかをチェックします。

テキストにはフレーズごとにチェック欄があり、使えるようになったフレーズにはチェックを入れていくことで自分の到達レベルを記録していけるようになっています。

 

CDは空白時間が設けられているので、その間にしゃべれるようになれば、会話力がついてきたことの目安になります。

 

Live conversation

ここまでのレッスンよりも応用的な会話例が何通りか収録されています。

会話の内容は、DVD内の会話と同じです。

 

「うーん」「あぁ」「たしか・・・」のようなつなぎの言葉も含めた、インフォーマルな英会話を学ぶことができます。

 

Hot spot

カリフォルニアでお勧めのレストランなどを紹介するコーナーです。

旅行のための情報であり、英会話とはあまり関係ありません。

店の特長、オススメメニュー、場所、店のホームページURLなどの情報が載せられています。

 

CD5の内容

・「砕けた英語」

want to→wanna、going to→gonnaなどの解説。

 

・「カタカナ英語」

コーヒー、ビール、マクドナルドなどそのままではネイティブに通じないカタカナ英語と、ガソリンスタンド、マンション、コインランドリーなど頻繁に間違って使われる和製英語の紹介。(ちゃんと正しい英語表現も解説されています)。

 

・「返事はYes or No?」:

Aren’t you tired?のような質問に返事をするときはYesかNoかについて、正しい答え方と、考え方のポイントが書かれています。

 

CD6の内容

・「これだけは覚えておきたい!旅行英会話100フレーズ」

 

「最近調子どう?」「まあまあだね。そっちは?」のような一問一答の会話フレーズをまとめたものです。

一般書籍教材によくある内容ですが、収録数が100フレーズと少なめなのでかえって使いやすいかもしれません。

 

Hapa英会話の評価

当ブログ独自の基準により教材を評価していきます。

 

教材コンセプトは明確か、それに見合った内容になっているか

評価:◎

「旅行をしたい人が効率よく英会話を習得するための教材」という明確なコンセプトと、そのためのメソッドが提供されています。

 

テキストやCDのクオリティや使いやすさは十分か

評価:◯

テキストは見やすいですが、通勤中に学習するには、冊子が大きくて広げにくいのが難点(情報量が多いのでCDだけの学習ではもったいない)。

それとCDは、Reviewパート以外はフレーズ間の空白時間がないので、リピートやシャドーイングなどをするには少し不便かなと思います。(自分でCDを一時停止すればいいだけですが。)

 

それ以外は問題ありません。

場面ごとにCDが分かれていて好きな場面から学習できるし、テキストにCDトラック番号を記載するなど、使いやすさへの配慮もされています。

 

アウトプット量は十分か

評価:◯

この教材では、会話全体の流れを把握することを重視しているので、ダイアログやDVD動画からのインプット学習の比重が多くなる性質があります。

ただしReviewパートというアウトプット演習が設けられているので、しっかりこのパートをこなすことでアウトプット訓練できるでしょう。

あわせて、他のパートの音読・リピーティングをすれば大丈夫と思います。

 

最後まで学習を続けられるか、サポートはあるか

評価:◯

最後まで続けられるかどうかについては、

 

・「カフェ」「ファーストフード」など場面ごとにまとまりのある構成になっているため、好きな順番で学習できる。

・DVDがついているので実際の会話風景のイメージを持ちながら練習できる

・雑学的なことも書かれていて楽しい(南カリフォルニアに行く人には実際に役に立つ知識)

 

など、飽きさせず最後まで学習していけるような工夫がある点が評価できます。

また場面ごとに完結したレッスンにまとめられているため、学習ゴールが見えやすくなっていることも良いと思います。

 

一方、教材制作者であるセニサック淳さんによるメール相談などのサポート体制がない点が少し残念です。

(「Hapa英会話」購入者には毎日メルマガが配信されてきますが、メルマガ発信者はセニサック淳さんではなく教材販売元の横田力さんです。)

 

返金保障のシステムはあり、

 

・90日以内なら開封後でも全額返金保障。

・返金希望メール連絡後、教材を返送したら7営業日以内に指定口座に代金振り込み。返送の送料は購入者負担。

 

という決まりになっています。

 

価格の妥当性はあるか。一般書籍教材に比べて優位性はあるか

評価:◎

・2800人の日本人が英会話をマスターしたメソッド

・教科書では学べないネイティブのフレーズ満載

・現地の文化・習慣に根ざした英会話を学べる

・DVD付きで視聴覚を使って学習できる

 

など、一般書籍やネット情報では制作困難な(制作できたとしても非常に労力がかかる)教材と考えれば、妥当な価格と考えられます。

 

教材制作者、販売者は信頼できるか

評価:◎

セニサック淳さんはネイティブであり、バイリンガルでもあります。

自身が経営しているBYBスクールでの英会話指導実績もあるので、教材内容は信頼できるでしょう。

 

教材の感想

Hapa英会話のデメリット、イマイチな点

1.客と店員とのお決まりの会話に特化しているため、友人や同僚などとの世間話、ジョーク、感情表現などはあまり学べません。

※教材の公式サイトに書いてあることと教材実物の内容が違っているという意味ではないので注意。教材の仕様です。

 

2.基本的に学習内容はアメリカ圏限定で、ヨーロッパ他については書かれていない。「Hot Spot」のコーナーもアメリカについての話になっています。

 

3.「Introduction」や「Dialog」、「Live conversation」など、会話のひととおりの流れを学ぶパートが充実している反面、学習成果をチェックするReviewパートはあまりボリュームが多くなくサラっとしている印象です。

Reviewパートのボリューム(バリエーション)がもう少し多いとバランスが良くなるのではないかなと思います。

 

Hapa英会話のメリット、良いと思う点

1.アメリカ旅行に行くことが決まっている人にはイチオシ

 

ネットや一般書籍でフレーズを調べるよりも時間が節約できるし、体系的に学習できます。

一般のフレーズ集ではフレーズや単語がバラバラの断片的知識として並べられているだけのことが多いですが、この教材ではレッスンシーンと用語・フレーズを関連付けて学ぶことができるため印象に残りやすいと思います。

 

2.レッスンシーンが具体的でありゴールが見えているので学習を続けやすい

 

「カフェでの注文」や「ホテルのチェックイン」など、実際に経験するであろう場面を題材にしているのでモチベーションを保ちやすいです。

 

3.さまざまな状況パターンに対応している

 

同じレッスンシーンでもいくつかの異なるシナリオが用意されているので安心です。

例えばホテルにチェックインするときの会話も、予約のある場合とない場合、それぞれを想定した会話練習があるのでどちらの状況にも対応できます。

 

4.アメリカの文化・慣習についても学べる

 

(日本ではあまり見かけないが)アメリカではこんなことを言われる・聞かれることがあり、対応の仕方は○○すると良い、というような解説と、そのとき使うフレーズが掲載されています。

たとえば、「ファストフード店では新メニューやその月のお勧めメニューを紹介されることが多いので、興味がない場合は『No, thank you』と断ってから注文に入りましょう」など。

アメリカでのお決まりの会話の一部として頭に入って入れば、落ち着いて対応するのに役立つでしょう。

 

Hapa英会話が向いている人、向いていない人

Hapa英会話が向いていない人

・海外の現地人と打ち解けた会話や雑談、世間話をしたい人。

・何でもかんでも勉強して覚えないと気がすまない人。

・聞き流しだけで英会話を身につけたい人。

 

Hapa英会話が向いている人

・アメリカ旅行や出張に行く予定の人。

・アメリカで食事、買い物、宿泊などに困らない程度の英会話を短期間で身につけたい人。

・英語自体は苦手ではないが、「アメリカでの習慣について知らない」、「店に入ったらどうすればいいのか、店員とどんな会話をすればいいのかわからない」という理由で不安を感じている人。

 

Hapa英会話の総評

Hapa英会話の総合評価・・・評価A(優れている教材)

 

「海外旅行(あるいは出張)に行くことが決まっているが、あまり英会話の勉強をしている時間がない。」

「旅行英会話のフレーズ本を買って勉強しても、身についている気がしない。ダラダラしているうちに挫折してしまう。」

Hapa英会話はそんな人にオススメできる教材です。

 

一般の書籍教材では、延々とフレーズが載っているだけで、目標や自分のレベルが見えにくいことが多いです。クリア条件のわからないゲームを惰性でやっているような感じで、そのうち勉強が退屈になってきます。

 

Hapa英会話では、学習者が挫折することなく旅行英会話を身につけられるよう、次のような特長を持つ優れた教材になっています。

 

教材の目標レベルが明確

「日常英会話をマスターする」というような漠然とした目標だと非常に難しいが、この教材では旅行で困らない程度話せるために必要な学習だけに的を絞っているため、無駄に時間やエネルギーを消費せず効率よく学習できる

挫折せずにやり通せる程度に教材ボリュームも適度に抑えられている

 

カフェ、レストラン、ショッピングなど、具体的なシーンを想定しているため取り組みやすい

「ここではこういうことを聞かれるから、こう答えれば良いんだな」と会話場面のイメージをつかむことができ、またゴールが見えるので学習意欲が維持しやすい

 

すべてを覚える必要はないと割り切っているためメリハリの効いた学習になっている

Introduction、Dialog、Review、Live Conversation、と学習メニューがたくさんあるように見えますが、会話全体の流れをつかむためであり、すべてを覚える必要はない。

自分が言いたいポイントのみ英語に直せればOK。

 

アメリカでの生活のために知っておくべき用語や現地の慣習についても学べる

これも会話全体の流れを把握することにつながるが、日本ではなじみのない習慣について頭の片隅にでも入っていれば、現地であわてず対応するのに役立ちそう。

 

以上、Hapa英会話の詳細レビューでした。

 

ネイティブと「語り合う」ような会話技術は教材範囲外ですが、旅行先でレストランやカフェでの「お決まりの会話」を身につけてかっこよく注文できるようになりたい!(短期間で!)という方にはHapa英会話をおすすめします。

 

Hapa英会話 完全版 公式サイトへ