ホーム » 教材の選び方 » リピーティングしやすい英語教材選び

リピーティングしやすい英語教材選び


リピーティングは、一つの文あるいはひとつのフレーズ単位で英語を最後まで聞いたあと、それを忠実に繰り返す訓練です。

 

リピーティングでは、耳から入ってきた英文を理解しながら繰り返し自分の口から発していくことで、英語を英語の語順のまま身体に受け入れる力を育て、リスニング力も含めて英語力を総合的に高めることができます。

 

 

何のためにリピーティングをするのか?

有名な「瞬間英作文」シリーズの著者である森沢洋介さんの著書「英語上達完全マップ」に、次のような一節があります。

 

完全なリスニング能力とは、何を聴いても完璧なリピーティングができることです。

(英語上達完全マップ p.67)

 

目からウロコな言葉です。つまり、リスニング力が向上したかどうかを、リスニングという行為のみで確認することは非常に難しいのです。上の森沢さんの言葉のように、リピーティング(&音読、シャドーイング)がどれだけ正確にできるかを評価することで、はじめてリスニングの進歩度合いを確認することができます。

 

それはまた、リピーティング訓練を続けていけば自動的にリスニング力も向上するということです。これがリピーティングのもっとも大きな効果と私は考えています。

 

もちろん、リピーティングでは聞き取ったものを一時的に記憶する必要があるので、記憶力、集中力など、多方面への効果があります。

 

リピーティングをするときに気をつけたいこと

リピーティングは聴いた音声を繰り返すだけ、と思いがちですがいくつか留意点があります。

 

効果的なトレーニングにするために、そして挫折しないために、大切なポイントを書いておきます。

 

自分がやさしいと感じる素材を使う

自分が聞き取れなかった英語を文字で見てみると、「何だ、全部知ってる単語ばかりじゃないか......」と思ったことがありませんか?このような経験をするのは、あなたの中で「文字」と「音」とが一致していないからです。活字に偏った学習をした結果です。

 

と、いうことは、ハイレベルな素材を使う必要はまったくないということです。あなたが普通に読めるものよりもやさしいレベルの素材でリピーティングをして、「文字」と「音」とを近づけてあげるだけで、リスニング力・スピーキング力が飛躍的に伸びます。

 

音読系トレーニングでは、「難易度は低く、反復は多く」するのがコツです。

 

英文をじゅうぶんに理解しておく

車の運転をするとき、教則や交通ルールを勉強しながら運転する人はいませんよね?運転しているときは車の操作に集中しているはずです。

 

リピーティングもそれと同じで、「勉強」しながらリピーティングをするのはNGです。単語の意味、和訳などは必要なら調べて、英文を完全に理解できた状態で始めましょう。「理解できている英語」を反復して発声練習することで、「使える英語」に変わっていきます。

 

リピーティングを始める前にしっかりリスニングをする

リピーティングでは、音声のすぐ後についていく[シャドーイング]とは違って、ひとまとまりの英文を聴き終えてから自分が繰り返します。そのタイムラグの間に、聞いたものを頭の中で検索して見つけ出す余裕があるわけです。

 

そうすると、耳がせっかく「アポー」と聴き取っているものを、脳内で「アポー?......ああ、アップルね」と置き換えて、「アップル」と日本式英語発音でリピーティングしてしまうことがしばしばあるのです。これだと意味がありません。

 

これを避けるためには、実際に話されている「音」をしっかり聴き、それを極力まねるように心がけるしかありません。最初にテキストを見ずに音声を何度も聴いてみるという方法があります(森沢洋介さんは「先行リスニング」と呼んでいます)。テキストを見ずに音声を聴いてみれば、聞き取れない部分=正しい発音ができていない部分を認識できます。その後、音声をテキストと照合することで、その単語の本来の「音」を知ることができるというわけです。

 

この事前のリスニングにあまり時間を割くことができない場合もあると思いますが、とにかく、話されている音をまずよく聴くことを心がけてください。

 

英語音声の後にポーズ(空白時間)の入った教材を選びましょう

多くの教材では学習者が声を出して話すためのポーズ(空白)時間を設けていますが、教材によってはポーズ時間がないものもあります。いちいちCDプレーヤーを止めて練習するのは面倒なので、ちゃんとポーズ時間が設けられているものを使うのが良いでしょう。

 

たくさんの教材を使ってみるとわかることですが、ポーズ時間の取り方は教材コンセプト・メソッドに関わる重要なファクターです。

 

例えば「スピークナチュラル」では、初心者でもあせらずリピーティング練習に取り組めるように、一語一語ごとにかなり余裕を持たせたポーズ時間が入っています。

 

また「Hapa英会話」ではネイティブスピーカーが会話するときの一般的な会話テンポをもとにポーズの長さが設定されています。

つまり、ネイティブとの会話では「せめてこれぐらいの時間で返答をしないと会話にならない」という目安があり、その時間内で返事をするという実戦的な目的を持った訓練になっているわけです。

 

他にも「英語ぺらぺら君初級編」&「中級編」、「Native English」、「7+English」などもちゃんと英語音声の後にポーズ時間が設けられています。

単にポーズが入っているだけでなく、それぞれの教材コンセプトにしたがってポーズ時間が設定されているのがポイントです。

 

言いかえると、これらの教材ではポーズ時間内にスムーズにリピーティングできるようになったかどうかで、学習の効果を確認できるということです。しっかり声を出す練習をすることで、はじめてCDつき教材のメリットを十分に引き出せます。教材コンセプトを理解して練習しましょう。

 

うまくリピーティングできるようになるのに必要な反復回数は個人差がありますが、反復を重ねると英語力がついてきて、だんだん学習効果が加速していく(少ない反復回数で上手に話せるようになる)と言われています。最初はうまくできなくても、とにかく繰り返し練習するのが上達への最短コースです。

 

反復練習のサイクルの組み方は、森沢洋介先生の「英語上達完全マップ」や「音読パッケージトレーニング」が参考になります。どのくらい反復すればいいのか、次の教材に進む判断はどうやってすればいいのか等、長期にわたる学習の進め方が解説されているので心強いです。

 

以上、リピーティングについて少しだけ深く考察してみました。

英語教材を選ぶ際には、各教材の詳細レビューもご参照ください。

 

>スピークナチュラル 詳細レビューへ

 

>Hapa英会話 詳細レビューへ

 

>英語ぺらぺら君中級編 詳細レビューへ

 

>Native English 詳細レビューへ

 

>7+English 詳細レビューへ

 

「この教材に興味があるけど購入するかどうか迷っている」「教材の中身について教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら

 

>英会話教材レビュー&比較 一覧へ

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ英語教材
初級者用おすすめ英語教材
中・上級者用おすすめ英語教材
管理人プロフィール

管理人:
ひろし(TOEIC970点)

TOEIC970

⇒プロフィール詳細

おすすめ教材ランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
教材に関する相談を受け付けます。

「ブログで紹介されている英語教材に興味があるが、購入するかどうか迷っている」「教材の中身についてもう少し教えてほしい」という方は遠慮なくご相談ください。→お問い合わせフォームはこちら